スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の平和を揺るがすボスからの電話

ウチの旦那はネパール人のくせに(?)、誰とも連絡を取りたがらないんです。
(私の勝手なネパール人のイメージでは、
家族はもちろん友達やそのまた友達などなどに
電話をかけまくっては常に近況報告や情報交換をしている感じなので。)
たまにかける電話と言えば、ネパールの我が家と不在着信への返信くらい。
パソコンに送られてくる友達からのメールにも全然返信してないし。
まぁ、今現在の私も似たようなもんだけど・・・。

なので、旦那は誰かから電話がかかってくるたびに
「なぜ何も連絡してこない?もう私のことを忘れてしまったの?」と、
まず、怒られるのだそうです。(←当然!)

そんな旦那に先日、不在着信がありました。
相手は旦那がネパールにいるときに働いていた会社のボスです。

もぉ~、向こうから先にかかって来ちゃったじゃん。
ちょうどこのお正月に
「ねぇ、ネパールのボスにハッピー・ニュー・イヤーの電話した?
今までも、家を買うときもすごくお世話になったから、
ボスにだけはちゃんと電話しておかなきゃダメだよ。」と言っていたばかり。

それでもなかなか電話をしたがらない旦那。
「いやいや、ホントならこっちからしなきゃならない電話なのに、
向こうからわざわざかかってきたんだよ。早くかけなよ。」と言うと、
「また、カメラとか送って・・・って言う電話かもしれない。」と旦那。

あぁ~、確かに。
今までのボスからの電話には、ただの近況報告な時もあれば、
図々しい頼み事な時もありました。
その図々しい頼み事とは、簡単に言うと物資の依頼です。
これまで、ボス用のデジカメと、
なぜかその息子用のi-pod(結局、安いウォークマンに勝手に変更してやったケド(笑))、
更にはボスが普段愛用しているポケットがたくさん付いている釣り用の防水ベストのご依頼があり、
言われるがままに送ってきました。
今んところ、まだコレ(↑)だけなんですケド。

ネパールの我が家みたいに無知で無欲な超ビンボー人は良いのですが、
ボスみたいにちょっと外国(先進国)と繋がりがあったりして、
ちょっとお金もあったりすると、かなり厄介。
しかも、これがまたちょっと変に賢かったりするんですよ。

上記のように、ビンボーな私たちでも「これくらいなら・・・。」と
渋々ながらも買えそうな物ばかり上手いこと依頼してくるんです。
もっと大きなこと(息子の留学や、妻の病気治療のための滞在など)は、
長年家族ぐるみでお付き合いのあるスイス人(社会的信用があり、比較的裕福)に頼んでいるみたい。
・・・と、ちゃっかり使い分けられてます。(笑)

確かに旦那にとってボスは、10年以上もお世話になっていて
仕事のことはもちろん、社会や人生についてなどなど、
田舎者で無知な両親に代わって教えた「第2のお父さん」と言っても良い存在です。
私たちのネパールでの婚姻手続きだって、住宅の購入だって、
ボスの力なしではあんなにスムーズに進めることができませんでした。

なので、これがただの日本人の私からだったら、
今までお世話になった「お礼」のつもりで快くプレゼントするところなのですが、
頼まれているのは自分より年下で格下(?)のネパール人の旦那で、
私はただの日本人ではなく、そんな旦那の嫁(ネパール的にはもっと格下)なのです。

・・・って、いったい何が言いたいのかと言うと
「そんな年下で格下の旦那にたかる(おねだりする)なんて、アンタ恥ずかしくないのかい?」
ってことなのです。
実はボスにはこの他にもそう思ったことがあるのですが、それのお話はまた後日。

今の日本と違って「親は子の世話になる」が当たり前なネパールなので、
(どちらかというと今の日本では親は「子の世話にはなりたくない」と思うどころか、
私もそうですが、子は大人になっても親の援助(経済的だけではなく)を受ける場合が多いですよね。)
「第2のお父さん」であるボスが、「息子も同然」な旦那に頼るという図式なのでしょうか。
それとも、今まで散々世話をしてきた「見返り」のつもりなのでしょうか。

・・・と、こんなことばかり考え出したら、
我が家の平和を保つためにも、このままこの着信はシカトしておいた方がいいのでは?
なんで思ってしまったり。(←薄情モノ?)


ひぇぇぇーッ!
いつの間にか前置きがこんなにも長くなってしまいました。(汗)
この続きはまた次回ってことで。



(このお話はこちらに続きます。)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。