スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク・ドゥ・ソレイユ「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル・ワールドツアー」名古屋公演

先々週の日曜日、5月26日に日本ガイシホールで行われた
シルク・ドゥ・ソレイユの「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル・ワールドツアー」の
名古屋公演を観に行ってきました。

これは旦那のリクエスト。
これまでシルク・ドゥ・ソレイユの公演は3公演連続で観てきましたが(こちら参照)
どれも途中でチョイチョイ居眠りをしている不届きモノな旦那。(笑)
別に旦那はマイケル好き♪ってワケでもなさそうだし、
お高いチケット代を払ってまたもや居眠りでもされたらムカつくので
さすがに今回はパスしようと思っていたら、
何と旦那から「これ、行きたい!」と言うではありませんか。
絶対に寝ない!という約束で行ってきました。(←レベル低っ!)


・・・の前に、
せっかく名古屋に行くので名古屋グルメを満喫しよう!と
大須をぶらりと散歩しつつ、ランチに伺ったのは中国台湾料理「味仙」さんです。
激辛な台湾ラーメンで有名なお店。
私も旦那も辛いものが得意ではないので
台湾ラーメンとマイルドにした台湾ラーメン(アメリカン)を注文。
いつの間にかそんなありがたいメニューができてたのねー。
てか、ラーメンのアメリカンって・・・。(笑)
台湾ラーメン
これでも十分辛くて、全身汗だく。
でもクセになる美味しさでした。
今度は夜にガッツリ食べてみたいな。


で、やって来ました日本ガイシホール。

いつもシルク・ドゥ・ソレイユの公演はどこからでも見やすく設計された
専用の特設会場で行われるのですが、今回は日本ガイシホール。
私たちはアリーナ席の真ん中ぐらいの席だったのですが、
席に傾斜がないのでおチビな私にはやっぱり不利。
ささやかながら背伸びしたり、人の頭の間を縫うように観るのにかなり疲れました。

でもでも、さすがに公演は素晴らしかったですよ。
この素晴らしさが文章で表現できないのが残念なのですが、
さすがの旦那も今回ばかりは寝ませんでした。(笑)

これまでの公演と違うな、って思ったのが、
まず、断然お子ちゃまが少ないこと。
普段の公演ならファミリー(親子3代とか)が多かったのですが、
今回は夫婦、カップル、友達同士、が多かった気がします。
ま、若い人や子どもはマイケル・ジャクソンなんて知らないもんね。

あとは公演自体がライブっぽかったってこと。
アップテンポな曲は必ずみんな手拍子してたし、
後半、盛り上がってきたときにはアリーナ席はスタンディング状態で、
ライブに行ったことのない旦那はそれがとっても楽しかったみたい。
私がライブに行きたがる気持ちが分かった、って言ってました。(笑)

私もそんなにマイケル好きってワケではないのですが、
演じる方々のマイケルへの思いや他のファンの方々の熱意が、
こんな私にもじんわりと伝わってきて、さらに涙まで溢れ出てきてしまって大変でした。
おかげで化粧はまる剥がれ。(笑)
でも、とっても楽しかったです。


終わったあとは、今日の〆の名古屋メシ。
熱田にある「あつた蓬莱軒」本店さんです。
名古屋店、神宮店は行ったことがあるのですが、この本店に伺うのは初めて。
あつた蓬莱軒
一見、敷居の高そうなお店ですが、
純和風な店内はとっても居心地が良かったですよ。

で、いただいたのはもちろん「ひつまぶし」♪
ひつまぶし
何かと「和」なものが苦手な旦那ですが、このひつまぶしはホント大好きなんです。
このひつまぶしは、1杯目はそのまま、2杯目は薬味と一緒に、
3杯目はお出汁をかけてお茶漬けで、そのあとはお好きなスタイルでどうぞ、というもの。
旦那はこのお出汁をかけていただくお茶漬けスタイルがどうしても苦手だったのですが、
今回はなぜか果敢に挑戦してました。
結果、美味しかったそうですよ。

てか、最近、旦那は日本のお出汁の美味しさに気付いたようで、
このお出汁の他にも、たまたま食べたうどんのお出汁が美味しい♪と
スープをゴクゴク(?)飲み干してみたり・・・。
ちょっとずつ成長し、日本スタイルに馴染んでおります。(笑)


そんなこんなな久しぶりの旦那とのおデート、
心もお腹も満たされてホクホクで帰ってきました。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。