スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那の禁煙治療(その1)

今回処方された薬(錠剤orパッチが選べました)は
こちら(↓)。
禁煙

基本的に禁煙治療治療は12週間。
健康保険が効く期間もこの12週、それ以上は自費になります。

まずは上の写真にあるような2週間分の薬が処方されます。
診療と薬(2週間分)を合わせても4000円かからないくらいじゃなかったかな?

このお薬には、ニコチン切れを軽くする効果と、
タバコをおいしいと感じにくくする効果があるそうです。
が、これはあくまでも禁煙を助けるものであって、
絶対に禁煙ができるものではない、とのこと。
結局は本人の努力なのだそうです。

とりあえず1週間は喫煙可で、
最初の3日は1日1粒、次の4日は朝晩1粒ずつ。
2週間目からは喫煙不可で、
やはり朝晩1粒ずつで、1粒あたりの薬の量が増えてます。

そもそもあまり「薬」というものを服用したことのない旦那は
薬剤師さんが丁寧に薬の副作用(眠気や頭痛など)についてを説明してくれたおかげで
服用する前からかなりビビッてましたね。(笑)


で、さっそく服用開始。
6日目までは今までどおりタバコを吸っていたようですが、
GWの連休が明けた7日目から1日早いけど自主的に禁煙開始。
友人や会社の同僚たちにも禁煙を宣言。(←これ、私からのアドバイス)
持っていたタバコとライターは処分したそうです。
「じゃ、タスポは?」と聞くと、「それは捨ててない。」とのこと。(笑)

薬を服用した直後はタバコを吸いたい気分にならないらしいのですが、
時間が経つとやっぱり吸いたくなってくるらしいです。
特に昼食後がツライみたい。
試しに薬服用直後に吸ってみたら「オエェーッ!」ってなったらしいです。
薬って恐ろしい・・・。(怖)


この間、自分のことでこのクリニックに行ったとき
看護師さん「旦那さん、その後どう?」
私    「さ~?どうなんでしょう・・・。」
看護師さん「どうなんでしょうって、ん?一緒に住んでないとか?」
私    「いやいや、一緒に住んでますけど、聞いてないです。
      あえて聞かない、と言うか・・・。」
看護師さん「あら、何で?」
私    「こっちからいろいろ聞くと、うるさがって機嫌を損ねるかなーと。」
看護師さん「あはは、そうだね。男の人ってデリケートで難しいもんねー。」

そうなんですよー。(笑)
こっちもけっこう気ぃ使うんですよ!
それまで根掘り葉掘り聞きたい気持ちをグーっと抑えていたのですが、
この看護師さんとのやりとりを旦那に話したら、
意外にすんなり状況を話してくれました。(ホッ)

そんなこんなで、今日でちょうど2週間。
3週目へ入るための診察を受けに行く予定です。


頑張れ!旦那。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。