スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの我が家、改善計画(その1)

そだ!忘れちゃいけない。
昨年のネパール里帰りの目的は、カトマンドゥに購入した家を見に行くことだったんですが、
もうひとつ目的がありました。
それは、この買った家を、もうちょっと暮らしやすくなるように
手を加えること、でした。
その名も「ネパールの我が家、改善計画」!


まず取り掛かったのが、ソーラー温水器の設置。

これは必須!
今までのネパール人家族は、1年中真水でシャワーという
まるで修行僧(?)のような暮らしをしてきましたが、
さすがにお風呂文化で育った日本人の私にはとても無理ですもん。

今回の滞在中、初めてこの家で真水のシャワーを体験したのですが、
真水のシャワーなんて、実に高校の水泳の授業のとき以来カモ。(笑)
10月の半ばだったので、いちばん暖かい昼間にシャワーをするようにしてたんですけど、
それでもやっぱ寒いし、冷たーい。
日本で言う4階のキッチンの外のテラスの隅にあるシャワー室を使っていたのですが、
あまりにも私が大げさにキャーキャー騒ぎながらシャワーをするものだから
ネパール人家族と、ご近所さんは外で大爆笑、いや、失笑、かな。
いやいや・・・日本人がこれを体験したら、こーなりますって。(笑)

前にも書いたように、ちょうどこの家にはラッキーなことに井戸があるし、
しかも水の量も豊富らしいので、さっそくソーラー温水器の設置に至りました。
こんな(↓)感じのを
IMG_4266.jpeg

こんな(↓)ふうに屋上に設置しました。
IMG_0449.jpeg
このソーラー温水器で作ったお湯は
私たち家族の使用する4階と3階のシャワー室とキッチンで使えるようにしたのですが、
ここで思わぬ配管ミスが発覚!
シャワー室には洗面台とトイレが付いているのですが、
シャワーと洗面台だけじゃなく、トイレにも温水の配管がされていたんです。
おかげでトイレの水を流すたびに温水が注がれる、というトホホな事態。

この配管を直すには、配管が埋まっている壁を壊さなければならず、
いろいろなリスクを伴いそうなので、とりあえずこのままになっています。
果たして、このままにしておいて良いものなのかどうか・・・。

この先、ネパールにお家を建てられるご予定のある方、
くれぐれも配管にはお気をつけくださいませ。


そうそう、
ネパールの家族もこのお湯の出る生活にたいそう喜んでおります。
温か~いシャワーはもちろんのこと、
この時期のキッチンでの洗いものが快適になったんですって。
うんうん、良かった、良かった♪


(このお話はこちらに続きます)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。