スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジットでバンコク2泊3日の旅(1)

今回のネパール里帰りの大まかなコースは
名古屋→バンコク→カトマンドゥ→(バンコク経由)→名古屋でした。
往路のバンコクでのトランジットの待ち時間が約16時間もあったので、
一度タイに入国して1泊しよう!いや、どうせならもう1泊増やして観光もしちゃおう!
と、プチ海外旅行をしてきましたー。

そんなバンコク2泊3日の旅を振り返ります。

--------------------

【1日目】

まず、セントレア(中部国際空港)からタイ航空にてバンコクへ。
そこでさっそく旦那のタイへの入国審査で問題が・・・。(笑)

在日ネパール大使館で更新してもらった旦那のパスポートは、
記載事項がすべて手書きなんですけど、
その名前のアルファベットの文字が汚すぎて、キチンと判読できない、と。
確かに、旦那のパスポートに記載されている手書きの文字は
誰がどう見てもヘタっぴで(笑)
それどころか、一番大切な名前のとある文字なんて
どう見ても2画目を書き出すときにうっかり間違えそうになったのを
無理やり修正して誤魔化したような不自然な文字になってるんです。
今回まさにコレを指摘されました。(汗)

日本のイミグレーションは(なぜか)すんなり通ったのに、
タイは意外と(?)厳しいです。
これで旦那はなかなかイミグレーションを通過できず、
先にすんなり入国してしまっていた私は、めっちゃ焦りました。(汗)

なんとか無事に入国でき、つぎの難関は空港からホテルまでの移動。
何つっても、旦那は(祝!)初海外旅行だし、
実はワタクシ、海外旅行はほぼツアーでしか行ったことがなく、
行った先ではオプショナルツアーに参加だったり、
同行させてもらった旅慣れた友達に任せっきりだったりで、
自主的にタクシーや公共交通機関を利用したことがないんです。
もう空港を出たとたん、今さらながらビビりました。(←遅い!)

が、意外に(?)バンコクは超都会。
見渡してみれば、案内表示だってあちこちにちゃんとあるし、
電車だって、なーんだ日本とぜんぜん変わんないじゃーーーん。
私は案内表示探したり、電車乗ったりは得意なんだけど、英語がまったくダメ。
旦那はこーゆうの(↑)がまるでダメだけど、英語は話せる。
私たち夫婦って、なんてベストな組み合わせなのかしら~。(←自画自賛!)
夫婦って上手いことできてるもんですね。

そんな栄えある一番最初に乗った
空港と都心を結ぶエアポートレールリンクの切符(?)。
エアポートレールリンク
え?コイン???
そうなんです、このプラスチック(?)のコインを
改札のタッチパネルにタッチさせるんです。
で、出るときは改札にチャリ~ンと入れるの。
そのあと乗換えで乗った高架鉄道の切符はカードタイプでしたけどね。

この2本の鉄道に乗ってビックリしたことが・・・。
私、東南アジアだからって、タイだからって、
ちょっと・・・いや、かなりナメてました。
様子が日本とぜんぜん変わんない。
女の子のファッションも日本に劣ることなくみんなイマドキでお洒落!
小汚い(?)格好しをて行くかなくて、ホント良かったです。(笑)

次に、スマホ率がハンパない!
車内を見渡す限り、90%くらいがスマホユーザーでした。
もちろん日本同様、みんなスマホ片手に何やら忙しそう。
時間を確認するのに、何回か自分のケータイを取り出したんですが、
ホント、自分の折たたみのケータイを取り出して見るのが恥ずかしかったです。
(欲しくはないけど)こりゃスマホに替えようかな?ってマジで思いました。

そんなこんなでようやく着いた滞在ホテルは
サイアム駅近くにある「ノボテル バンコク オン サイアム スクエア」。
エアチケットを手配してもらった旅行会社に何件か提案してもらった中から
あまり良く考えずに何となーく選んだホテルなんですが、
結果、交通のアクセスが良く、駅からも近い、
しかも周りは真新しいショッピングモールと小汚い(?)露店が混在する繁華街、
と立地が良くてすごく助かりました。



・・・と、
このあとからいよいよ観光が始まるんですが、それはまた次の記事で。


(このお話はこちらに続きます)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。