スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「湯谷温泉」に行ってきました♪

旦那の夏休みに私も休みを無理やり合わせて
湯谷温泉(愛知県新城市)に行ってきましたー♪
ホントはもっと遠出がしたかったんですけど、
ネパール里帰りの大出費が控えているので、地味に県内の近場で。
しかも「海」か「山」かと直前まで散々迷った挙句、
今年は「山」にしてみました。(←基本、私は「海」派ですけどね)

ってなワケで、まずは山歩き。
鳳来寺山山頂を目指してレッツゴー!
鳳来寺山

ココから過酷な石段が始まります。
鳳来寺山

最初は余裕で登っていたのですが、
やっぱキツイ。(泣)
鳳来寺山

こんな階段(←1425段ですって)を、ゆっくり1時間くらい登ります。
この地点で、マジ後悔。(笑)
鳳来寺山

道中には、こんな杉の大木があったり。
鳳来寺山

こんな古びたお寺があったり。
鳳来寺山

基本的に鳳来寺山は岩でできた山だそうなのですが、
私の大好きなフカフカ腐葉土な道もあったり。
鳳来寺山

すでにクタクタで足取りの遅い私を背に、
タッタカと軽快な足取りな旦那。
元気だわ~。(笑)
鳳来寺山

鳳来寺山山頂手前の絶景スポット。
南向きのこの写真のいちばん向こうは、なんと三河湾。
鳳来寺山

もうちょっとで山頂です。
鳳来寺山

ようやく山頂に到着。
残念ながらここから景色を見ることはできません。
鳳来寺山

今回の山登りルートです。
鳳来寺山
写真中央下のゲートから「仁王門」をくぐり、
「本堂」から右回りに「六本杉」→「鳳来寺山頂」
→「天狗岩」→「巫女石」→「東照宮」→「本堂」と歩き、
また一番下のゲートまで戻ります。
午前11時前に登り始めて、戻ってきたのは午後3時くらいだったかな。
休憩はほとんど「ナシ」です。(←めっちゃスパルタ!)

この先の写真がないのは、そんな余裕がなかったから。(笑)
もう、足がパンパンでガクガクでした。
これで初級コースらしいです。
・・・恐ろしい。(怖)


そんな過酷な山歩きの疲れを癒してくれる、本日のお宿。
湯谷温泉

湯谷温泉「湯の風 HAZU」さんです。
湯谷温泉
生前の忌野清志郎さんが、治療のために長期滞在していらっしゃったお宿だとか。

渓谷側のお部屋から宇連川が見渡せます。
湯谷温泉

一見、川のせせらぎ(?)が涼しげで嬉しいのですが、
夜は一転、この川の流れる音がうるさい、うるさい。(笑)
窓を閉め切っていても、外からザーザー聞こえる川の流れる音は
例えていうならザーザーと降る大雨(台風並み)のよう。
湯谷温泉
実は、前日が雨天だったし、山の天気は変わりやすいということもあって
「ん?また雨が降ってきた?」と何回か窓を開けて外の天気を確かめたほど。(笑)

そんなこのお宿にした決め手は、なんといってもこの露天風呂!
↓他の宿泊客が朝食を取っている間にパチリ。
湯谷温泉
ステキ過ぎます♪
こーゆうとき、HPに紹介されている写真はあんまりアテにならないんだけれど、
これはあの魅力的な写真のまんま。

露天風呂から眺める景色は(ちょっと見づらいけど)やっぱり宇連川。
湯谷温泉
マイナスイオンたっぷりで癒されます。

実はこのお宿、12時チェックイン、12時チェックアウトの
24時間ステイが可能な嬉しいお宿。
11時過ぎまでダラダラのんびりしちゃいました。
てか、すでに筋肉痛で動けなかったり・・・。(汗)


ここまで来たら、ちょっと寄ってみたいところがありました。
蓬莱泉で有名な「関谷醸造」さんの直売店です。
関谷醸造

お店の奥は工場かな。
関谷醸造

向かいにあるこの酒瓶の看板が目印です。
関谷醸造

日本酒好きな旦那は蓬莱泉の特別純米の生原酒(量り売り)を、
私は完熟梅でつくった梅酒を購入。
さっそくおウチでカンパーイ♪な旅の〆でした。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。