スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ王国「観光ビザ」取得

あ、もちろん旦那の、です。

旦那の夏休みの前日、在京タイ王国大使館より旦那宛に郵便物が届きました。

無事にタイ王国の「観光ビザ」をゲットできました。
旦那のパスポートのこのビザのページを見るまでは、もうドキドキ☆でした。

このビザをゲットするのにはいろいろあったので、めっちゃ嬉しかったです。
旦那が始めて来日するための日本の「結婚ビザ(通称)」をゲットしたときよりも
ぶっちゃけ嬉しかったカモ。(笑)


参考までにタイ王国の「観光ビザ」の必要書類を載せておきます。
※日本在住ネパール人(永住許可保持が前提)で日本からタイに観光目的で入国する場合

1.パスポート原本(有効期限6ヶ月以上のもの、査証欄の余白が1ページ以上あるもの)
 在留カードまたは外国人登録証明書コピー


2.ビザ申請書3枚
 申請書はエアチケットの手配をお願いした旅行会社が
 すでに必要な場所を入力してプリントアウトしたものを用意してくれてあったので
 それをそのままありがたく使用。
 ちなみに申請書はこちら、そのサンプルはこちら

3.写真3枚(カラー3.5×4.5cm、申請書内に糊で貼付)

4.航空券もしくは予約の確認書のコピー
 (航空会社もしくは旅行会社発行のもので搭乗者名、タイへの入国日、
  便名の表記されているもの)

 旅行会社が作成してくれたものをそのまま提出。

5.会社員の場合
  英文在職証明書(会社の代表者の直筆署名の入った原本)及び英文休職証明書
  会社登記簿謄本または許可書(原本)を添付

 在職証明と休職証明は会社の都合で日本語のものを提出。
 会社登記簿謄本は、市内に籍を置く会社だったので自分で法務局に出向いて入手。

6.銀行残高証明書コピー または十分な費用を持つ証明書
 (少なくとも一人20000バーツ、家族で40000バーツ)

 旦那の銀行残高だけでは心配だったので、念のため私のも提出。

7.具体的な旅行のスケジュールを英文で書いたもの、
  または観光ビザ申請の理由を英文で書いたものおよびその確証(形式は自由)

 これも旅行会社が作成してくれたものをそのまま提出。

8.英文身元保証書と保証人のパスポートコピー
 (身元保証人は成人で日本在住の方です。
  日本の永住権を持っていない外国籍者は保証人になれません。)

 身元保証書のフォームはこちらを利用。

9.申請料(現金のみ)
  シングルエントリー 4500円
  ダブルエントリー 9000円
  トリプルエントリー 13500円


10.返送先を書いたメモ
 ホントにメモです。(キティちゃんのメモ帳だったし・・・(笑))

これらを現金書留で在京タイ王国大使館に送ります。
(※↑これだけの書類をあの現金書留封筒で送るというのはかなり無謀カモ。
 A4サイズの大量の書類を封筒サイズに折りたたみ(←コレ、結構至難の業!)、
 さらにパスポートも入れたら封筒はパンパンですよ。)

実は、この書類の中で、1つだけどうしても提出できないものがあって、
非常に困りました。
この件を大使館のビザ担当の方から電話をいただいて指摘されたのですが、
どうしてもその書類が揃わないと申請自体ができないとのこと。
後日、相談のためにこちらから大使館に電話をするも、
何度かけても一向に担当の方には繋がらず・・・。

仕方がないので、イチかバチか!で
その書類が提出できないこをと証明する書類と、それに代わる書類、
さらに日本人の妻である私も同行することを証明する書類(航空券の予約確認書)と、
これらを提出することで何とか考慮して欲しいという
お願いの手紙を添えて送りました。

旦那はこの地点で諦め&お怒りモード、
てか「もうタイのビザなんて要らない。」と言い出す始末。
(おいおい、予約した飛行機はどーする?(汗))
私はやることはやったので「もう、どうにでもなれ!」ってな感じ。

そんな中でのこの嬉しい便り。
嬉しさもひとしおです。
頑張って勝ち取った(?)タイ旅行、こりゃもう楽しまなくっちゃ♪
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。