スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナヌー、セカンドオピニオンへ

その翌日(3日)の朝、私が会社までナヌーを連れてきて、
お休みのところわざわざ会社まで迎えに来てくれた先輩に引き渡し、
そのままナヌーは病院へ。

先輩の病院からのレポートによると
診た感じでは「慢性鼻炎」ではないか?と。
たぶん、鼻水や鼻の奥のグジュグジュは治らないかも、とも。

とりあえず、食欲がないと体力が持たない、とのことで
ペースト状にした栄養食を注射器を使って食べさせて、
同じく注射器でお水も飲ませてくださった、とのこと。

あ~、そっかー、注射器!その手があったかー!
もう頭の中が混乱していて、全然思いつきませんでした。
自分で食べなきゃ食べさせればいいし、飲まなきゃのませればいいんじゃん。
はぁ~、飼い主失格です。(泣)

あとは、鼻炎に効く(?)レーザーをしばらく当ててくれ、
さらに、食欲が出るお薬と、病院で食べさせてくれた栄養食もいただきました。

その後、ナヌーは私の仕事が終わるまで先輩のお家で待機。
先輩のお家にも我が家同様5匹に猫ちゃんがいて、
(実はこの中には我が家のフチェとプンティの兄がいたりします)
そんな賑やかな中で過ごしたようです。
その間にも先輩がお水を与えてくれたり、いっぱい撫でてくれたり、
久々に出てくれたウ○コのお世話までしてくれたそうで、
もう、何から何までお世話になりっぱなしでした。
ホントにありがたいです。

私が仕事帰りにお迎えに行ったときには
普段病院に連れて行くときのようなビクビク感もなく
リラックスした感じ(疲れ果ててたのカモ)でキャリーの中に収まっておりました。
・・・ホッ。

ここからは私たちの頑張りどころ!
教えてもらったとおりに薬を飲ませ、栄養食を与えた翌日(4日)の朝、
なんと!ナヌー、自分でお水を飲んでました。
もう、旦那と雄叫びをあげて喜んじゃいました。

人間もそうですが、セカンドオピニオンって大切ですね。
かかりつけの病院がありながら、セカンドオピニオンを受けるというのは
心情的に(今ませお世話になった先生を裏切るような気がして)気が引けてたのですが、
それぞれの先生によって経験が違うし、得意分野も違うと思うので、
病気の見立てや、治療法方も新たなものが見えてきて良かったと思いました。

飼い主本人が連れてこないにもかかわらず、
ナヌーを親身に診て、いろいろと手を施してくださった今回お世話になった先生、
自らセカンドオピニオンを勧めてくれ、快く資料を作ってくださったウチのかかりつけの先生、
わざわざお休みのところ、我が家の猫を預かり、病院に連れて行ってくれた先輩、
もうたくさんの人たちに感謝感謝です。(多謝)

120208_085755.jpg
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。