スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の「感謝祭」

先週の土日、私たち夫婦主催でパーティーを開きました。
あえてタイトルをつけるならば「感謝祭」でしょうか。
主には旦那サイドの友達への、です。
彼らには日頃からホントに良くしてもらっており、
キャンプやBBQをはじめ、何かにつけてご馳走してもらいっぱなし。
そんな彼らへの感謝の気持ちを込めて、のパーティーです。

メンバーはこの友達たち(ファミリー)の家長的存在のネパリとその家族、
とそのネパ友、そしていつものブラジル人たち。
それに加えて、旦那の幼馴染みのネパ友家族(こちら参照)。
彼らには1歳に満たないチョリ(=娘)がいるので、無理を承知ダメ元で誘ってみたら
なんと快諾!で、遥々滋賀県からやって来てくれました。(←マジ泣ける~)
一方、ブラジル人たちは当日まで参加・不参加があやふやで、
一時は私たち夫婦とネパ友家族2組だけか?と危ぶまれましたが、
結局、総勢15名(こども4名含む)の満員御礼状態のパーティーとなりました。

毎度のことながら、日本人はこの私だけ。
ここは日本だっちゅーのに、こりゃあいったいどーゆこと???
(妹を誘ったら、さすがに「怖い。」と断わられました。(笑))

場所は以前にも利用したホテル(こちら参照)にて、
みんなが心置きなくガッツリ飲めるように1泊で、です。
ここで私たちの夫婦の作る(なんちゃって?)ネパリ飯で、
ささやかながらのおもてなしをさせていただきました。

で、当日。
私は出発ギリギリまで料理の下ごしらえや荷物(↓見よ!この荷物)の準備に追われ、
ホームパーティ
旦那は駅まで幼馴染みのネパ友一家のお迎えに行き、
チェックイン時間の15時にホテルに集合。

久しぶりに会った幼馴染みのネパ友との再会を祝いつつ、
私と旦那は昼間っからお酒を片手にさっそく料理に取り掛かります。
これがまた大変。
だって15人分ですもの。
そんな大勢の料理なんて作ったことがないので、もうてんやわんや。
ボーズ(=宴会)の料理に手馴れたネワールのネパ友の奥さんが
たびたび「手伝いますか?」と心配して様子を伺いに来てくれたほど。(笑)
きっと私たちのあたふた加減が、見るに耐えなかったことでしょう。

そうこうするうちに、18時。
ネパ友一家とブラジル人たちがドヤドヤと押し寄せてきました。(笑)
なんつーか、人数が多いだけでもじゅうぶん楽しいけれど、
その中にこどもがいるってのは、ホントにいいねぇ~。
わんぱくガキんちょ2名がとにかく大騒ぎで、さらに場を潤してくれました。
少々いたずらの度が過ぎまして、あとでママから特大カミナリを喰らってたケド・・・。(笑)

家とは勝手の違うキッチンでの作業は遅れに遅れて、
結局、最後の1品だけはネパ友の奥さんが手際よくササッと作ってくれて、
19時ごろにようやく出来上がり。

メニューは我が家の定番ネパリ飯ばかり・・・
バスマティ米のプラウ(=ネパール風炊き込みご飯)と白飯、
豚バラのカレー、鶏手羽元のカレー、チャナ(=ひよこ豆のカレー)、
アル・フライ(=ジャガイモのカレー炒め)、
本物のネパリの嫁作のアルタマ(=ジャガイモとタケノコのスープ)、
あとはアチャール代わりに(←作ったことがないので)キュウリとキャベツの浅漬け。

さらに、パーティー好きでパーティー慣れしているブラジル人女性たちから
ブラジル料理2種(←名前忘れちゃった)と、デザート(プリンと梨のタルト)の
たーっぷりの差し入れ。
なんと前日の夜からせっせと準備して作ってくれてたんですって。
ありがたいー♪

それらをバイキング形式にして、ワイワイといただきました。
私たちのネパリ飯は少々失敗気味なところもありましたが、
本物のネパリの嫁作のアルタマは、これぞ本物!なお味ですごく美味しかった~。
てか、旦那が教えてくれた作り方と全然違ってたし。(笑)

差し入れのブラジル料理は豚のミンチをチーズで巻いて(?)パン粉で揚げたものと
同じくチキンをこれまたチーズで巻いてパン粉で揚げたもの。
どちらも日本人の私にも食べやすくて、美味しかったです。

さらにデザートも最高。
私はブラジル人の彼女の作るこのプリンの大ファン。
たぶん日本人には甘すぎてくどいくらいなのですが、私はいつもお代わりしちゃいます。
今回は余ったプリンを図々しくもお持ち帰りさせていただきました。(笑)

しばしの歓談のあと、みんなでホテルの大浴場へ。
実はみんな、密かにこの温泉を楽しみにしていたみたい。
なぜかいつも空いているこの大浴場、
それをさらに貸切状態で使えるように誰もいないのを見計らって猛ダッシュ!
ネパ友もそうですが、ブラジル人たちは体にタトゥーを入れている人が多いので、
なかなか大浴場自体に入る機会がないのだそう。
そんな彼らに存分に温泉を満喫して欲しいってのも、このホテルを選んだ理由のひとつ。
男性陣と一緒に入ったガキんちょ2名は、この大浴場でもそうとう大暴れしたらしいです。
真っ赤にのぼせて帰ってきてました。(笑)

女性陣の中にも今回が大浴場デビューなブラジル人がいて、
入るまでは「やっぱり止めておこうかしら・・・。」なんて何度も弱音を吐いていましたが、
実際みんなに連れて行かれるままに入ってみたら
「あら、ホントに気持ち良いわね~♪」とたいそうご満悦なご様子に、一安心。

その後も、飲んで食べて(←また???)おしゃべりに花が咲をさかせまくりました。
女性陣とこどもたちに続き、私が寝たのは夜中の2時半くらいだったのですが、
旦那たち男性陣はその後も延々トランプしたり、おしゃべりしてたみたいです。
これが1泊の良さ、ですよね。(笑)

翌日、私が目覚めた7時半ごろには、
もう女性陣はすっかり身支度を整えていて、後片付けまでしてくれていました。(汗)
一方、雑魚寝で一夜を明かした男性陣は全員まだ夢の中。
嬉し飲み♪しすぎた我が旦那は、お恥ずかしながら完全に二日酔いでダウン。
朝っぱらからトイレを占領しておりました。(←自業自得!)

その後、10時のチェックアウトまで外を散歩したり、
お土産コーナーを物色したりとまったり過ごし、この「感謝祭」はお開きとなりました。

帰り際にみんなに「楽しかった~♪」と口々に言っていただいて
(自己満足ではありますが)良かったです。(←ホッ)

てか、正直、ホスト役は疲れました。(笑)
何しろ全員旦那サイドの友達で、私個人にとっては気心知れた仲とまでは言えない感じだし、
何よりみんな日本在住とはいえ私にとっては考え方や習慣の違うガイジンさんばかりで、
食べ物や飲み物が足りているか?とか、楽しんでもらえているのか?とか
正直、ものすごーーーく気を使いました。
が、みなさんパーティーを楽しむことに長けている方たちばかりなので、助かりました。(汗)
そんななので、気持ちにまったく余裕がなく、今回は写真が一枚もありません。(笑)


・・・さて、次はいつ開催しようかな~?
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。