スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お隣インドでM6.9の地震!ネパールの我が家では・・・

18日の夕方に起こったインドのキッシム地方でのマグニチュード6.9の地震、
旦那の家族の住む、ネパールのカトマンドゥでもかなり揺れたらしいです。

旦那がそのニュースを知って速攻でネパールの家族に電話してみると、
家族みんな(と言っても3人だけですが)大丈夫とのこと。
・・・ホッ。
ご近所では塀が倒れたり、家の壁に亀裂が入ったりといろいろあったようですが、
アマ(=お母さん)が一通り見た限り、我が家には何も問題がなかったようで、
これまた一安心。


地震が起こったとき、ネパールの家族たちはみんな上の階にあるキッチンにいて、
バヒニ(=妹)がちょうど卵を焼いていたのだとか。
傍にいたアマはあまりの突然のことに床にペタリとへたり込み、
その向こうにいたバー(=お父さん)は近くの壁に捕まりながら
なぜか雄叫びをあげていたのだとか。
旦那伝いに聞いたアマの話では、バーの雄叫びがまるで犬の遠吠えのようで、
不謹慎ながらもちょっと笑っちゃいました。(笑)

そしてご近所さんたちはとにかくみんな外に逃げてたらしいです。
我が家の辺りは比較的広い道路や、まだ空き地みたいなところがあるようなのですが、
古くからある住宅密集地はどうだったんでしょうね。

アマの情報によると、一番危なそうなカトマンドゥのアサン辺りは大丈夫だったようですよ。
これは意外。
だってあの辺りの昔ながらのレンガ造りのネパール家屋には、
どう見てもヤバそうに傾いた家や、崩れかけた家が何件もあって、
しかもそこに普通に人が暮らしてたりしますもんね。
きっと隣接したお宅にも相当な負担がかかっているでしょうに・・・。(怖)
無数の神々が住むと言われるネパールなので、
その辺は神様がガッツリ守ってくれているのでしょうか。

そんな地震から一夜明けた昨日も、再び地震がやってくるのではないか?と
我が家の周辺では多くの住民が近くの広場に集まっていたらしいです。


何はともあれ、このまま何事もないことを祈ります。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。