スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールのC級グルメ

これ(↓)、何だと思います?
パパドとプラウン
上のピンクのチップス状のものは「プラウン」、
下の黄色いマカロニ状のものは「パパド」です。
パパドは、よくインド料理屋さんのセット・メニューやビールのおつまみに出てくる
豆の粉で作った丸いペラペラのお煎餅みたいなアレ(←分かります?)と同じみたい。

これを高温の油でササッと揚げると・・・
パパドとプラウン
こんな感じのスナックになります。
ピンクのプラウンは、日本で言うところの海老せんべい。
ネパールでネパール人宅にお呼ばれされると
チヤ(=ネパール風ミルクティ)やフライしたゆで卵とともに最初に出てくる1品だったりします。

街ではこんな(↓)パッケージで売られています。
プラウン
どうやら中国からの輸入品みたいで、
日本でもインド系食材店や中華系食材店にも売ってます。

一方、このマカロニ状の乾いたパパドのほうはお米屋さんにて量り売りで売ってます。
すでに揚げられたものは小さな子供たちの通う学校の門の前などで
休憩時のおやつとして売られていたりします。
ほんのり塩味(?)のシンプルなお味で、美味しいですよ。

実はコレ、
ネパール長期滞在時、毎日のネパリ飯(←ダル・バート)に泣かされていた私を
救ってくれていた食べ物のひとつでもあります。
一時期、こんなネパリ飯嫌いな困った私に合わせて
家族全員でモリモリ食べ過ぎてアマ(=お母さん)はちょっと太ってしまったほど。
その節は大変お世話かけました。(笑)

このパパドはそんなネパール長期滞在の終わりに自分へのお土産として
アサン(カトマンドゥ)のお米屋さんにて購入したもの。
当時、この先当分ネパールには帰らないことを想定して3キロもパパドを購入したら
サウジー(=店主)に「アンタ、店でもやるのか?」と笑われたっけ・・・。(笑)

・・・あれから約8年、
日本で大切に大切にケチりながら食べ続け、とうとうこれが最後の3本となりました。

この先、このパパドなしでどーやって暮らすのだ?
これは困った。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。