スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震、我が家では・・・

昨日、地震があった時、私は会社のおつかいで郵便局にいました。
それも大きな郵便局ではなく、ちっちゃな郵便局。
(大きな郵便局は駐車場も広くて対応もスピーディーだけど、
 ちょっと接客が事務的であまり親切ではないところが好きではなく、
 送る郵便物が超急ぎでない限り、いつもこのちっちゃな郵便局を利用しています。)

金融と郵便の2つしかないカウンターで郵便物を出して処理を待っていると、
隣にいたおばあさんが急に「あら、やだわ・・・何だか頭がフラフラする。」と座り込みました。
郵便局員さんとともに「おばあさん、大丈夫?救急車呼びましょうか?」と
声をかけていると、一番奥にいた局長さんまでもが「俺も頭がフラフラする・・・。」と。
えぇー!?何事???

その直後の他の局員さんの「あら?何だか揺れてない?地震じゃない?」の言葉で気付きました。
おぉ~、地震だー!と。

居合わせたおばあさんも、局長さんも、
頭の血管が切れちゃったとか詰っちゃったたのカモ?と心配しましたが、
頭がフラフラしたのはこの地震のせいだったみたい。
おばあさんも「急に頭がフラフラしたから、このまま死んじゃうんじゃないかと思ったわ・・・。」と
安堵のご様子。
こちらも大事に至らず、ホッと一安心でした。


その後、我が家では・・・
私が「今日、地震どうだった?会社は大丈夫だった?」と聞くと、「???」な旦那。
あんなに激しく長く揺れていたのに、全然気付かなかったそうです。
・・・ったく、アナタって人は。

そんな中、1人で大騒ぎしていたのはウチの母。
同じ市内で1人暮らしをしている次女(=私の妹)と連絡が取れない!と。
さすがにこの地域で地震や津波の被害に遭うことはないでしょうが、
通勤に使っているであろう電車が運休しているという噂を聞いたので
家に帰れないんじゃないかと、ちと心配。
妹の会社は車で迎えに行ける距離なので、
もし駅で足止めを食らっているのならば迎えに行こうかと・・・。

母は「(妹の)アパートまで行って確認してくる。」と飛び出して行ったので、
私はその間まるでストーカーのごとく妹のケータイに何度も電話。
1時間ほど経ってようやく繋がった!と思ったら、「ゴメン、寝てた。」だって。
妹の乗った電車は遅れもなく、普通に家に着き、週末で疲れていたから寝てたのだとか。
・・・ったく、アナタって人は。

この我が家の騒動を見て、ふと思ったことが・・・
もしかしたら、ネパールの家族がこの地震のことを知ってるとしたら、
今ごろとても心配しているのではなかろうか?と。
私がネパールに滞在していたときにもネパールのテレビのニュースや新聞で
たびたび日本のニュースなどが紹介されていたりしていましたし、
きっとこの日本の一大事だって、ニュースのトップにでも放映されているハズ!

こりゃ大変だ!
すぐさま旦那にネパールの家族に電話するように指示!・・・いや、命令しました。

さっそくネパールに電話してみると・・・
なんと、みんな寝てました。
日本時間午後11時過ぎと言えば、ネパール時間で約午後8時ごろ。
就寝時間、早過ぎだし。

ちょうどネパールの我が家の地域では計画停電の真っ最中で、
わざわざロウソクを消費してまで起きて過ごすのももったいないので、
こんなときは寝るに限る!のだそう。
さすが、ケチ!・・・じゃなくて、倹約家。

でも、やっぱりネパールでも
日本での地震の件はほぼリアルタイムにテレビのニュースで伝えていたそうで、
たまたま電気があった(←日本じゃあり得ん話ですよね)昼ごろに
テレビでこのニュースを見かけたバヒニ(=妹)が
念のため旦那のケータイ宛てに安否確認の連絡をくれていたのだそう。
・・・やっぱり、ね。

そのニュースでは「東京から400キロ離れたところで・・・」と伝えていたそうで
バヒニは「それなら(日本の我が家は)大丈夫!」と判断したのだとか。

・・・ん???
バヒニは私たちが住んでいるところが日本のどの辺なのかなんて、まったく知らないでしょうに。
いったい何を根拠に・・・。
しかも連絡してくれたはずの旦那のケータイには、ネパールの家族からの着信履歴はナシ。
いったいどこにかけたのやら・・・。
すべてが謎です。

他にも旦那のケータイにはいろんな国からの着信履歴があったそうです。
ネパール時代の友達たちはみんな、いろんな国でバラバラに暮らしていても
ちゃ~んと旦那のことを気にしていてくれるんですね。
ありがたいことです。
しかし、どれも仕事中で出られなかったようですが。


とりあえず、我が家はみんな無事と言うことで。



--------------------


テレビのニュースで見る地震・津波災害の映像があまりにも衝撃的過ぎて、
まるで映画を見ているかのようで、これが現実なのか?と疑ってしまうほど。
まさか、こんなことが起ころうとは・・・。

災害で亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。
そして、被災地で大変な思いをされている皆様にもお見舞いを申し上げるとともに、
これ以上被害が拡大しないことを心よりお祈りしております。
皆さま、どうかご無事であられますように・・・。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。