スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家流「チャナ」のレシピ

今日は我が家のネパリ飯のひとつとも言える、
「チャナ(=ヒヨコ豆のカレー)」のレシピをご紹介します。
あくまでも“我が家流”ですので、その辺はご了承くださいませ。


まず、チャナ(今回は皮付きです)を水で戻します。
一晩くらい戻すといいかな。
今回の私の場合は、今朝「夕飯にチャナを作ろう!」と思い付き、午後から戻し始めました。
あとは圧力鍋での圧力のかけ具合で調節します。
もちろん、一晩かけてゆっくり戻した方がお豆がホックリして美味しい気がします。
チャナ

たまねぎ1個の半分はスライスに、もう半分は粗いみじん切りにします。
たまねぎ

お鍋は圧力鍋を使います。
熱した油の中にスライスしたたまねぎを入れて、しんなりするまで炒めます。
そこに水で戻したチャナを、水をしっかり切ってから投入。
チャナに油が馴染んだら、ターメリック、クミン、チリ、塩を適量入れ炒めます。
さらに、すりおろしたニンニクとショウガ、刻んだトマトをいれて炒めます。
スパイスがチャナに馴染んだら、水を適量入れて圧力をかけます。
チャナ調理中
余分な水分がなくなるまで煮詰め火を止めたら、
みじん切りにしたたまねぎを入れてひと混ぜして、できあがり♪


そんな昨夜のネパリ飯は・・・
ネパリ飯
左から、大根のカレー、チャナ、インゲンとキャベツとジャガイモのカレーです。

プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。