スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さ対策は足から?それとも頭から?

旦那の風邪、まだまだ続いてます。(こちら参照)

・・・そりゃそうだ。
だって、しっかり薬を飲むとか、なるべく体を休めるとか、
手洗い・うがいとか、ぜ~んぜん気を付けてないんだもん。
私がうるさく言ったときだけ薬を飲み、テレビ見たりパソコン見たりでいつも通りの就寝時間、
挙句の果てに、休みの日曜日にはわざわざ日が暮れて寒くなってから出かけちゃうし。
かと言って、自らすすんで病院に行くタイプでもないし・・・困った。
食欲だけは変わらずにモリモリ食べてくれることだけが、唯一の救い。(笑)

何しろ生まれて初めてひいた本格的な風邪なので、対処の仕方がわからないんですよね、きっと。
風邪を甘く見てる!んですよ。
「風邪は万病のもと」なのにねぇ。

症状的には相変わらず大したことがないのですが、
こう長引いてくると本人もいい加減辛くなってきたようです。
最初は「楽しい♪」なんて言ってたくせにね。(笑)

そんな旦那、最近では帽子かぶって寝てます。

ネパールから持ってきた毛糸の帽子です。

確かに「もっと暖かい恰好で寝てよ!」とは言いましたが、
それはいつものように薄着(ランニングシャツ+スパッツ)で寝てるのを指摘してのこと。
「帽子をかぶって寝ろ!」とは言ってませんが・・・。(笑)

何なんでしょうね、ネパール人のこの習慣。
寒いとき、日本ならば足元から温めますよね。
まず靴下を履くとか、こたつに入るとか、足湯に浸かる、とか。
だけどネパール人は帽子をかぶったり、ショールを頭からかぶったり、と頭なんですよ。
なのに、足は素足にサンダル。
確かに、特に女性の着るサリーやクルタ・スルワールなどの民族衣装は
素足にサンダルの方が良く似合うとは思いますが・・・。

ウチのネパールのアマ(=お母さん)もそうでした。
レンガ造りで冷える家の中、暖房設備なんて何もないので、
モコモコに厚着して、マフラーして、毛糸の帽子までかぶっているのに、足はなぜか裸足。
炊事のときに土間のキッチンでのみ、かろうじてスリッパを履くだけ。
もう、見てるこっちが寒いです。

日本に帰る前に、ネパールのお土産物屋さんでよく売っている
中がフリース加工してある毛糸の靴下を買ってプレゼントしたのですが、
果たして使ってくれたのかどうか・・・。


あぁ~、それにしてもあの頑固モンな旦那、いったいどうしたものか・・・。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。