スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の結婚事情

昨日のネパールの近況(こちら参照)の続きです。

そんな中、なんとそのママ(=母の男兄弟)のバラジューに嫁いだ次女が
我がバヒニ(=妹)へのお見合い話を持ってきたのだそうです。
うぉぉぉ~、素晴らしい♪

ウチのバヒニは、家の中ではまだまだ子供扱いなのですが、
世間では立派な結婚適齢期、田舎に行けば行き遅れ(←暴言失礼!)な年齢です。
典型的な核家族で、旦那とたった2人の兄妹なうえ、
本来ならば両親の面倒を見るべき1人息子の旦那が日本に連れて行かれてしまっているので
もっぱらバヒニが1人で両親の面倒を見てくれているのです。
まぁどちらかと言うと、まだバヒニの方が両親から面倒を見てもらっているという感じもしますが・・・。

旦那の両親は田舎から出てきた無知なヒトたちなので、
旦那やバヒニの進路について、口出しや手出しはほとんどしません。
なので、旦那は自分のことはすべて自分でやってきたし、
バヒニのことは両親やバヒニ本人の意向を聞きながら、すべて旦那がやってきました。
そんな状況から、バヒニの結婚に関しても
とてもじゃないけど自分で見つけてくるタイプではないので
その時は旦那がすべて取り仕切らなければならないのだろうな・・・と、
旦那も私も思っていましたし、そのつもりでいました。

が、何しろ私たち夫婦は現在日本在住。
ネパールに購入してしまった家のローン(←ファミリー・ローンですが)がまだあるので、
とりあえずそれを返済しない限りネパールへ帰ることはできません。
それまであと数年、の予定。(笑)
その間、バヒニには1人で私たち家族の犠牲になってもらっており、
本当に申し訳ない気持ち、そして感謝の気持ちでいっぱいです。

そんなバヒニにお見合い話とな???


お相手は彼女の旦那様側のお知り合い、らしいです。
とりあえず今回は「話」だけなので詳しい内容は分かりません。

できることならお金持ち♪で、さらに欲を言うならイケメン♪と結婚してほしいものですが、
前回記事にもあるように高望みはいけません。
身分相応のビンボー庶民と・・・いやいや、そこそこな庶民くらいならいいかな。
何はともあれ、バヒニの気持ちが一番です。
是非ともバヒニ自身が気に入ったヒトとシアワセな結婚してほしい!と
ジャパニ・ディディ(=日本のお姉さん)は心から願っていますよ。

あぁ~、何だか楽しみ~♪
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。