スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの”あり得ない”住宅

ネパールの我が家は、これまたラッキーなことに南向き。
真南に向いてます。
ちょうど我が家の南側にあるお向かいさんも我が家と同じ階数の高さで、
お向かいさんの右隣は平屋の洋服工場(?)になっているので
今のところ日当たりは良好~♪
ありがたいです。


ところで、下の写真は我が家の屋上から見た北側。
我が家の裏手である北側は、現在空き地で、
その向こうは学校になっているのであまり密集感が感じられません。
ありえない家
・・・ん?
ちょっと、ちょっとー、これはあり得ないでしょ。


な、な、なんと!この(↓)お宅、南側がすべて壁ですぞ!
あり得ない住宅
マジ、あり得ーーーん!
てか、もったいなーい!
てか、てか、何でー???

これはこのお宅のしきたり・習慣でしょうか?
はたまた、お抱えの占い師にでも助言されたのでしょうか?
まさか陽に当たりたくない、ドラキュラ一家???
って、んなワケないか。

これからの時期、ただでも冷えるであろうコンクリート造りのおこの宅。
お天道様の日差しなしではさそやお寒いでしょうに・・・。


ホント、こんなにも立派なお宅なのに、もったいなーい!
スポンサーサイト

「ネパールの我が家」にご対面~♪(後編)

(このお話はこちらの続きです)


私も旦那も、あまりにもあの今までのアパートの生活空間のイメージしかないので
こんなまるでホテルの一室のようなインテリア・コーディネートを
あの旦那のネパール人家族だけでどうやって思いついた(?)のか
今でも不思議でなりません。
情報源はやっぱイマドキのTVドラマとか、映画かな?
それとも以前旅行で連れて行ったホテルかな?

で、4階は16畳くらいのキッチンとテラス。
どうやら4階の大きなキッチンはあとで造り足したらしく、
それまでは3階のミニ・キッチンを使っていたみたいですが、
我が家では現在物置として有効活用させていただいてます。
ちなみに、ブラーマンのお坊さんである前オーナーは
ここを神様参拝ルームとして活用していたらしいです。

ここでビックリしたのは、なんとキッチンにダイニングテーブルがあったこと。
しかも、テーブルクロスなんてかけちゃってるし。(笑)
あ、あの旦那のネパール人家族が椅子に座って、
さらに、スプーンでダルバートを食べてるなんて!
床にあぐらで、手で食べてたあの家族が・・・なーんか変な感じ。
と同時に、こーやってネパールの習慣が徐々に失われていくのね、
と思うとちょっと切ないです。

しかもこのダイニング・テーブルの真ん中には、
花瓶に活けられた造花が飾ってありました。
これには旦那と大爆笑。
テーブルの真ん中に花って、しかも造花って・・・マジ邪魔だし。
旦那が「これ邪魔!」と避けるたびに、
バイニ(=妹)が怒ってまた元の位置に戻してました。
もちろん「嫁」な私はバイニの見方です。(笑)

で、その上が屋上。
屋上には井戸水用の大きなタンクが2本と、
アマ(=お母さん)が大事に育てている鉢植えの植物が
周りにぐるりと置いてありました。
この鉢植えの植物たち、マリーゴールド以外ちっとも咲いてないじゃん、と思ったら、
綺麗に花が咲くとすかざすアマが参拝用に摘み取ってしまうんですって。
アマには花を愛でる習慣はないらしい。(笑)


あと、オプション的に良かったのが、
井戸があったことと、その井戸の水がが豊富らしいということ。
アマの話によると、
この辺では今まで一度も井戸水が出なくなったことがないのだとか。
1キロほど離れた友人宅は、年に4ヶ月くらい井戸水が出ない時期があるらしいので、
これはかなりラッキーですよね。

他のお宅ではどうだか分かりませんが、
我が家では井戸水は洗濯・トイレ・シャワー・食器洗い用。
飲み水と炊事用の水は購入した水を怪しげな(?)フィルターに通したものを使用。
ミネラルウォーターは外国からやってきた私と旦那用に用意してありましたが、
普段は使ってないようです。


あえて難点をいうなら、”川が近い”ことでしょうか。
この辺りは比較的低い位置にあると思うので、
大雨などで河川が氾濫したらたちまち1階は水浸しになること間違いなし!
だと思われます。
どうか、大雨が降りませんように・・・。

あとは、今のとこ向かって右隣りと裏手が空き地にはなっていますが、
ここは住宅密集地だということ。
生まれてこの方、田舎の広ーい私有地に囲まれた一軒家で育ってきたので、
隣近所の気配のする暮らしはかなりストレス。
まぁ、最初だけだと思うけど(と思いたい)、
どこの馬の骨とも分からないガイジンである私への視線がめっちゃ気になるー!
自分ちなのにちーーーっともくつろげませーん。(泣)


・・・と、
率直な我が家の様子と感想はこんなところでしょうか。


とりあえず、ガイジンがそこそこ快適に住めそうなお家で安心しました。

「ネパールの我が家」とご対面~♪(前編)

何だかんだで、ネパール里帰りから帰ってもう1ヶ月以上も経ってしまいました。
ここらでそろそろ、今回のネパール滞在時のことなどを書いておきたいと思います。
早く書かないと忘れちゃうー。(笑)


今回のネパール里帰りの一番の目的は
私たち夫婦が4年前にカトマンドゥに購入した「ネパールの我が家」を見ること、でした。
何つっても、前回の里帰りのときに実際に選んで(中古住宅なので)購入した旦那は、
物件見学のときと、契約書類の取り付けのときにしか、この家に足を運んだことがなく、
私なんて、購入の話が出たのが私が帰ったあとだったので、見たことさえない!んです。
この4年間、私は、物件見学のときに旦那が撮った写真(前オーナー宅の状態)数枚だけで、
夢を膨らませていました。(笑)
日本に帰ってきた旦那に、カトマンドゥの地図を前に「私たちの家、どこ?」と聞くも、
「ん~、この辺。」と返ってくるだけで、具体的な位置さえも分からないほど。(笑)

おかげで、空港から家に行くのもヒヤヒヤでした。
だって、あれからもう4年も経ってて旦那の記憶もあやふやだし、
この4年で見違えるように街が変わってるんですもの。
タクシーの運ちゃんに、徐行以上にゆっくり走ってもらったり、
今通りすぎたであろう路地をまた戻ってもらったり、
もう、今日中には辿り着けないんじゃないか、とマジで思いました。(笑)

結局、我が家のある路地に入るところにある売店で
ウチのバイニ(=妹)がサウニ(=女店主)と座っておしゃべりしてたのを私が見つけて
無事到着!となりました。
おいおい旦那~、しっかりしておくれよ。


初めて見る「ネパールの我が家」は・・・
思ってたよりもかなり良い!

まず立地が良い。
旦那が言っていたとおり、タメルやアサンなど、
他にも私の大好きなスポットまで歩いて行ける距離でした。
しかも昔からあった大通りはちゃんと舗装されていて、
そこから家まですべて舗装されていました。
この辺はタウン・プランニング、とやらで
道幅などの基準が厳しく決められているのだとか。
家の前の路地はみんなでお金を出し合って綺麗に舗装したらしいです。
我が家は路地から3軒目で、その奥の2軒分は現在空き地。
ちなみに裏手も現在広い空き地。
路地の一番奥は行き止まりなので、通行する人が限られているってのも防犯上良い点。
大通りに出ればマイクロ(=バン・タイプのバス)も出てるみたいだし、
時間帯によっては客待ちタクシーも多く、比較的拾いやすそう。


肝心の建物は・・・
これも意外に(?)良くて、大満足でした。
我が家は日本で言うところの3階建て+キッチン(4階)+屋上と
ご近所さんよりも1・2階分低く、見晴らしは正直良くありませんが
前々から言っていた様に「大きな家はいらない」のでちょうど良い感じでした。
あ、庭も要らないので、ありません。
庭は、広すぎる日本の我が家で懲りてます。(苦笑)

まず我が家に着くと鉄の扉(門?)があって、
そこを開けると小型車が1台入るくらいの駐車スペースがあります。
その駐車スペースの右手には1階の部屋があって(現在満室)、
その奥には上へ上がる階段があります。
2階にも部屋があり(現在満室)、3階に上がる踊り場の手前に鉄柵の扉があって、
そこから先が私たちの居住スペースになっています。

3階には8畳くらいのベッドルームが2つ、10畳くらいのリビング、
その奥には小さなキッチン、トイレ&シャワールームがありました。
これがまた程よく狭くて大満足。
しかも、意外にも(?)すっごく私好みな感じに仕上げてあって大感激。

壁は薄いクリームイエロー。
前に住んでいたアパートは部屋の中の壁がライトブルーに塗ってあって
そのブルーの冷たいの感じがすごく嫌だったんです。
もしこの家もそうなってたら絶対に自腹切ってでも塗り替えよう!と思っていたので、
これには一安心、それどころか希望通りの色でした。

カーテンは全部屋とも濃いめなクリーム色、しかも生地の感じも私好み♪
ホント、前のアパートと比べたら悪いけど、前のアパートは壁に合わせたブルーで
しかも見た目にも安っぽいものだったので、こんな感じを持ってこられたら、
と心配でしたが、これも一安心。

床はコンクリートの上にグレーのカーペットが敷き詰めてあって
リビングの真ん中と、ベッドルームのベッド脇には
厚めのクッション剤の上に、同じく厚めのラグが敷いてありました。
やっぱコンクリートの上に座るのは冷たいものね。

あと、ビックリしたのは、リビングにソファー・セットがあったこと。
これは密かに嬉しかったです。
何しろ、ソファーは日本の我が家にもない、私の”あこがれ”でしたから。(笑)
モノ自体は安っぽい感じでしたが、そんなのいーの、いーの。
ネパールの家族は基本ソファーは使わず(?)床に座って過ごしているようですが、
私と旦那はこのソファーに座るのが定位置になりました。


(このお話はこちらに続きます)

ケータイ、水没

先週の休日のこと。

その日は久しぶりにお天気の良い休日だったので、
このチャンスを逃すまい!と、シーツやカバー類から毛布まで、
一気にまとめて洗濯したんです。

それらと一緒に、ケータイも洗濯してやったゼェ~。
ワイルドだろぉ~。(by スギちゃん)

・・・ちーん。
やっちまいました。
ホントにケータイを洗濯しちまいました。(泣)
洗濯物を取り出そうと扉を開けたら、
フツーに洗濯物の中にケータイが混ざってました。

ケータイをトイレに落とす、とか、最悪水に落とすことはあっても
洗濯する、なんてアホなヤツはおらんだろー、と
そんなヤツをちょっと小バカにしていたのですが、
まさか自分がやるなんて・・・。
あぁ~、こんなことってホントにあるんですね。

こんなときはどーしたものか?とネットで調べると
やっぱり即座に乾かしたほうが良い、とのことで
ドライヤーの温風に当ててみたり
こんな風に天日に干してみたりしたのですが、やっぱダメ。
水没ケータイ
そりゃそうだ、水に落とした、どころか、
一通りしっかり洗濯しちゃったんですものね。

翌日、携帯ショップに相談するも、状況を話しただけで
「あ、それはもうダメですね。」って、いとも簡単に言われちゃいました。

もともと旦那がネパールから帰ってきたら機種変更をする予定で考えていたので
この水没ケータイは修理はせずに機種変更しようと思うのですが、
旦那が帰ってこないことには話が進みません。

というのも、旦那は現在i-phone4Sを使用しているのですが、
実はその4Sにしたのは渋々、このと。
ずっと3Gを使用していた旦那は5の発売待ちの中、
自分の不注意で3Gを落として壊して変えざるを得なくなってしまったのです。
一方、私は機種変更するなら何でもいいからとにかくスマホ!と決めていたので、
せっかくなので、旦那に欲しがってた5を新たに買ってもらって、
私は旦那の4Sを譲ってもらおうかな、と。
これならどちらの希望も叶うでしょ?

が、旦那の帰りはまだ先。
普段からケータイ使用頻度の低い私でも、さすがにナシでは困る。
すぐにでも機種変更しちゃうか、はたまたとりあえず修理か、と悩んでいると、
あ!そーいや昔使ってたケータイがあるぞ!
見てみると電池切れなようだけど、充電してSIMカードを入れてみたら、
お!使えるじゃーーーん、ラッキ~☆
しかも水没ケータイではすっかり消えてしまった電話帳データが
この古いケータイにはまだ残っているではありませんか!
おぉ~、助かった~。(↑コレ、一番大事!)
旦那が帰ってくるまでのしばらくの間、この古いケータイで過ごそうと思います。
(↑あまりにも古すぎて、ますます表に出せない・・・。(汗))

で、この水没ケータイを買ってから今までの約2年間に
新規登録した携帯番号やアドレスはどうしたものか・・・。
とりあえず住所が分かる友達には、
私のケータイ宛に名前と携帯番号を記載したメールを送ってくれるように
ハガキを郵送して頼んでみました。
ははは、なんてアナログな。(笑)


現在、絶賛返信メール待ち中でーす♪

トランジットでバンコク2泊3日の旅(〆)

(このお話はこちらの続きです)


【3日目】

小学校のときの先生が言っていた「おウチに着くまでが遠足です!」なように、
ネパールに着くまでがタイ旅行なのです。(笑)

バンコク3日目は、10:30の飛行機に乗らなければならないので
早朝慌しく7:00ごろホテルを出発。

滞在ホテルのあるサイアム駅から高架鉄道(BTSスクンビット線)でパヤータイ駅へ行き、
そこでエアポート・レール・リンクに乗り換えスワンナプーム国際空港へ。
ホテルから空港まで、待ち時間を含めて30分ちょっと、だったかな?

チェックイン、入国審査をとっとと済ませ、ここ(=空港)でのお楽しみ♪へGO!

そのお楽しみ♪とは、タイ古式マッサージ。
「タイ」といったら、マッサージでしょ!
旦那が初めて来日したとき、タイでのトランジットで
この空港内で利用したマッサージ屋さんがとても良かったと聞き、
前回の渡ネのときには夫婦そろって往復ともに利用させていただいたところ。
長くて退屈な待ち時間が、痛気持ち良く、しかも安価で過ごせる!のです。

空港内には何件かマッサージ屋さんがあるようですが、
私たちが行くところは3階のAゲートに向かう付近左手の
ヒジョ~に分かりづらいところにある「Chang Foot Massage & Spa 」。
市内にあるお店たちに比べるとかなり割高だそうなんですが、
それでも日本に比べたらお安いです。
いつも利用しているタイ古式マッサージ60分コースで600バーツ(1800円くらい)。

さっそくいつものコースを頼もうとしたら、隣から旦那が
「ねぇ、アロマ・マッサージもあるよ。バカリ(←私のこと)、どう?」と。
さらに「ボク、プレゼントしてあげる。」と。
う、嬉しいけれど・・・え?いったいどーゆう風の吹き回し???

正直なところ、
あの痛気持ち良いアクロバティックなタイ古式マッサージが良かったのですが、
せっかくの旦那からの申し出が断われず、アロマ・マッサージをチョイス。
確か60分コースで1200バーツ(3600円)くらいじゃなかったかな?
でも、これが悪夢(?)の始まりでした。

内容もよく聞かずに勧められるがままにチョイスしてしまったアロマ・マッサージ。
個室へと促される私の後ろで、旦那は手を振っているではありませんか。
「あれ?ボカ(←旦那のこと)、マッサージやらないの?」と聞くと、
「今日はやらない。外で散歩しながら待ってるから・・・。」と旦那。
あ、そ。

で、個室へ案内されると、狭い部屋の真ん中にベッドが一台、
その奥にはシャワールームがありました。
とりあえず、まずはシャワーをしろ、シャワールームに中には
ボディー・ソープとシャンプー、そしてタオルもある、と。
(↑もちろんこんな命令口調ではありませんが。)
アロマ・マッサージなんて生まれて初めてなので
言われるがままにシャワーで体と髪を洗って出てくると、
今度はベッドへと促されます。
もちろん真っ裸の上にバスタオル1枚です。(←キャー♪(照))

さっそく施術が始まります。
各施術部位ごとにその部分のバスタオルを剥がしながら
素手+オイルでかなり強めに、且つ念入りに擦るようにマッサージ。
素手っていうか、人肌ってとっても心地が良くて気持ちが良いですね。
時間を忘れて気持ちのよさに浸っちゃいました。

で、施術が終わると再びシャワーでオイルを落とします。
あぁ~、気持ち良かった~♪と、サービスで出てくる温かい紅茶で一服したあと
さて、着替えて出る準備を・・・で、ようやく気づいたことが。
言われるがままにシャワーしながら髪の毛まで洗っちゃったけど、
あれ?ドライヤーがないぞ?
すっかり取れちゃったお化粧も直したいけど、そんな施設・設備もない。

スタッフさんに聞いてみると、残念そうに「NO~.」って。
えーーー?マージーでーーー???
ないの?
ええ、ないんです。

まぁ、お化粧はいいとしても、髪の毛は・・・と
必死でタオルドライに挑んでいると、旦那が凄い形相で入ってきました。
「おい、バカリ!もう時間だよ。もう出発まで時間ないよ。」と。
この地点で出発10分前でした。
ひえぇぇぇー!時計がないから全然分からなかった。(汗)
てか、どーせ呼びに来るんなら、もっと早めに来てよー。

もう、ほぼスッピンで、しかも髪の毛は半乾きのまま、
出発ゲートまでひたすら走りました。
もちろん出発ゲートでは、ウチら夫婦待ちの状態。
とりあえず、搭乗時間にはギリギリ間に合った、ってことで許ちて。(笑)



・・・と、最後の最後で
そんなドタバタに終わった「トランジットでバンコク2泊3日の旅」でした。



--------------------

あ、そだ!
やりたかったタイ古式マッサージは
帰りのトランジットでしっかり堪能してきましたよ。
やっぱ私にゃ、こっちのほうがいいや。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。