スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダ終わる@ネパール

ここ何日かネパールで続いていたバンダが、昨日ようやく終わったそうな。
ネパール語で「バンダ」とはストライキのこと。
そのまま日本語に直訳すると「閉める」の意味です。
例えば、ドアを閉めるの「閉める」とか。

平和ボケな日本人の私には、
ストライキと言っても身近に経験がないのでまったくピンと来ないのですが、
ある程度国民や団体などが自発的に起こして共感した人たちが賛同するイメージ、
でもネパールのストライキは主催団体が強制的に国民に強いているイメージがあります。

バンダになると商店やレストランなどは閉めなければならなかったり、
車やバイクでの外出は禁止になったりします。(←強制的です)
それを強行突破でやろうとすると、バンダを主催(?)する団体から攻撃を受けたりするそうです。
私がネパールに長期滞在していたときのバンダでは
内緒で営業するお店(シャッターを半分だけ開けたり、裏口から入れたり)があったり、
ナンバーを隠して(紙などで覆ったり)運転する人もいたり・・・と、
まだまだ緩~い感じがありましたが、最近はもっと厳しいとか・・・。

だからと言って、庶民の生活に危険が迫る・・・と言った感じでもなく、
子供たちは学校は休みだし、道は歩行者天国状態なので、
ここぞ!とばかりに空いた道路に繰り出してローラースケートとか、
サッカーやバトミントンなんかで遊んだりしてましたね。(笑)
今ドキのカトマンドゥはどうなんでしょうね。
まさか、日本みたいにおウチでずっとテレビ観賞とか、はたまたゲーム三昧、だったりして。


そんなこんなで、
旦那の話によると、今回の長期に渡ったバンダ中、
カレー屋のネパ友のダイ(=お兄さん)が
ネパールのパタンで経営しているパーティ・パレス(結婚パーティなどをする貸ホール)には
マオイストたちが宿代わりにずっと居座っていたのだとか。
営業ができないだけでも大打撃なのに、(ネパ友の日本のカレー屋よりも儲かってるらしい(苦笑))
勝手に居座られて好きなようにされては、そりゃあたまらないでしょう。
これで大人しく引き上げてくれれば良いのだけれど・・・。

腐り切った政府や政治家に抗議するのはまだ良いのだけれど、
平和に暮らしている一般市民や、
ネパールに多大なお金を落としてくれるであろう大切な外国人観光客を巻き込んではイカンです!


何はともあれ、終わったと言うことで
ネパール在住の皆様、お疲れ様でございました。
スポンサーサイト
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。