スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジンブ」で妄想里帰り

先日から我が家の中だけで話題になっている「ジンブ」と言うスパイスを
昨日、ようやくゲットしましたー!

こちら(↓)です。
ジンブ

今回、私も初めて見たのですが、
え?これ枯れ草じゃん・・・って思ったのは、私だけではないハズ。
まぁ、バーブと呼ばれている植物は、草と言ってしまえば草ですからね。
確かこんなの、動物園でキリンが食べてたような・・・。(笑)

よ~く見てみると、
葉っぱだけでなく、茎や花らしき部分もすべて入ってます。
いったい何の草なんでしょうねぇ~。
旦那が言うには山の方に住む民族が作っているらしいのですが・・・。
カレー屋のネパ友に英語で何て言うのか聞いてみたのですが、
「mountain grass」だと言われたらしいです。
そ、そりゃ、そーでしょうねぇ。
それならアホな私だって分かりますよ。
・・・と、謎は深まるばかりです。(笑)

そうそう、今回いただいたこの「ジンブ」、
レストランにあった紙ナプキンに包んで、さらにビニール袋に入れられていたのですが、
袋を開けたとたんにホワ~ンと懐かしい香りが・・・。
一瞬にして記憶がネパールに飛びました。

それも、場所は庶民のお買いものスポットであるアサン(Ason)。
もっとピンポイントで表すと、ジャタ(Jyatha)のクランクに出る小道の辺り。
お米屋さんとか干し魚やタマ(=タケノコ)などを売っている、あの辺です。
あの辺って、何~か強烈に臭(くさ)いんですよねぇ~。
ま・さ・に、あんな臭(にお)い、いやいや、香りなんですよ。
分かりづらい表現ですみません。(汗)

たぶんこの香りは、ジンブそのものの香りだけではなく、
他のネパ食材の香りが染みついたのだと思われます。
おかげで久々にネパールの地元に帰ったような気持ちになりました。
ちなみに私のネパールでの地元とは、旦那の地元で行動エリアでもある
タメル、ジャタ、アサン、インドラチョーク、マハボーダ、ニューロード、バサンタプル、
タヒティ、チェトラパティ付近です。
あぁ~、懐かしぃ~。

・・・と、ジンブが入ったビニール袋をパフパフして嗅ぎながら
1人でしばし、妄想里帰りに浸ってしまいました。
また里帰り(妄想ですが)したくなったら、またこれをパフパフしようと思います。
って、変態かッ!(笑)

早速、今度のネパリ飯の日に使ってみます♪
スポンサーサイト

車ぶつけて!って・・・

昨夜、キッチンで夕食の準備をしていたときのこと。
いつもキッチンではFMを聞きながら作業をしているのですが、
そのFMでの内容に旦那がまたまた笑える反応をしてくれました。

あるFM番組の、あるコーナーでの1コマ。
その日にあったムカついたことをリスナーから募集して、
番組内で紹介し怒りをスッキリさせよう!というもの。
この日はたまたまリスナー本人と直接電話を繋いでのトークでした。

その怒りの内容を簡単に説明すると、
その日に行った歯医者さんでとても酷い対応をされ、
さらにその後、彼氏にも待ち合わせに遅刻されて(←たぶんこんな感じ)、
ダブルでムカついている!というもの。

そして、その続きのやりとりはだいたいこんな(↓)感じ。
(※うろ覚えなので、言葉の一字一句はまったく正確ではありません。)

DJ   「今、どこで電話してくれているの?」
リスナー「の中です。」
DJ   「もしかしたら、隣にその彼氏がいるの?」
リスナー「はい、います。」
DJ   「じゃあ、隣にいる彼氏に直接この場で怒りをぶつけちゃいなよ。」

そこで旦那が反応しました。
「ねぇ、この人(=DJ)、車ぶつけて!って言ってるよ。」と。

んなワケねぇーだろーがッ!


まぁ、仕方ないですよね。
ガイジンな旦那は、「怒(おこ)る」は知ってても
「怒(いか)り」という言葉は知らなかったようです。
で、分かる言葉を拾って頭の中でくっ付けたら、
結果、「車をぶつける」になっちゃったみたいです。(←ご、強引過ぎる・・・)

相変わらず笑わせてくれます、ウチの旦那。(笑)

残りモノには・・・

昨日、仕事の日に履いて行く、春夏物のパンプスを買いに行きました。
・・・が、時すでに遅し!
もう、全然良いのがなーーーい。
やっぱり靴だけは出始めに買っておかないとダメなんですよね~。

私の足のサイズは22.5センチ。
あ、これ良いかも!ってモノは、ずでにサイズがないんですよ。
時間もないし、面倒臭いので、靴屋のハシゴもしたくない、ときた。

そんな中、
あったんですよ、良さげなパンプスちゃんが。
黒いポインテッドトゥのバックストラップパンプスで、
ヒールは希望の5センチ。
デザインもシンプルながらもプレーンではない・・・と、なかなかグッド。
試しに履いてみた感じも良さそう、かな。
あぁ~、やっぱり「残り物には福がある」のね~♪と、速攻でお買い上げです。
まぁ、それしかないので・・・。

そんなこんなで、
さっそく今日からそのパンプスを履いて出勤したのですが、
な~んか歩きづらい。
後ろのストラップが、ちょい緩め?
歩いていると、すっごく気になるんですよ。
てか、こんなもんなの?
試し履きはしてみたものの、急いでいたから椅子に座って履いてちょっと立ってみただけ。
実際に歩いてみて、ようやくなぜこの靴が残っていたのかが分かりました。
やっぱり「残り物には何かある」んですよね。

・・・甘かったです。(泣)

ナイス・アシスト

昨日の記事(こちら参照)の、その後です。


たぶん旦那のことだから、言い出せないだろうな~と思い、
旦那たちがネパ友のカレー屋を出る時間(店の閉店時間)を見計らって
「ジンブ、もらってきてね。」と旦那の携帯にメールをしておきました。
こうしておけば、さすがの旦那だって話を切り出しやすいでしょ。(笑)

で、旦那が帰って来ました。
もちろん予想通りの時間です。
が、あれ?
ちょっと~、手ぶらなんですけど・・・。
もしかしたらポケットにでも入れて持って帰って来たのかな?

私  「メール見た?」
旦那 「見たよ。」
私  「言った?」
旦那 「何を?」(←分かってるくせに、とぼけやがって!)
私  「ジンブだよ。ジンブくださいって言えた?」
旦那 「言ったよ。」
私  「おぉ~、凄いねぇ~、言えたねぇ~、偉いねぇ~。」(←とりあえず、何でも褒めます)
旦那 「何だよ、それ。」(←照れてるケド、まんざらでもないご様子)
私  「それってさぁ~、私がメールしたあと話したの?」
旦那 「うん。」
私  「何?それまでジンブのこと忘れてたワケ?」
旦那 「そうじゃないけど・・・。」
私  「言えなかった?」
旦那 「なかなか言えないじゃない?」(←頼み事するの、苦手だもんね~)
私  「・・・だと思った~。」(←ふぅ~、やっぱりね)
旦那 「それでメールした?」
私  「そう。じゃあ、あれはナイス・アシスト!だったね~。」
旦那 「ね~。」(←ね~、じゃねぇーよ!)
私  「で、ジンブは?」(←そうそう、忘れちゃいけない)
旦那 「ないよ。」(←は?)


ネパ友のカレー屋で使っているジンブは
一昨年、コックさんの奥様が来日した時に持って来てくれたものだそうで、
現在お店には僅かな量しか置いていないのだそう。
残りはコックさんの自宅にあるので、
自宅から持って来たものを今度分けてくださるとのこと。
やっぱり日本では希少なスパイスなんですね。
・・・申し訳ないです。

ネパリ飯の素

昨夜、旦那とネパリ飯の食材の買い出しに行ってきました。

ネパ食材

今回購入したのは、左から
バスマティ米、チャナ(=ヒヨコ豆)、チャナ・ダル(=ひき割りヒヨコ豆)、赤レンズ豆の4点。

黄色く見えるチャナ・ダルは、ネパ友のカレー屋で食べてとっても美味しかったので
これは是非我が家でも!と初めて買ってみました。
このチャナ・ダルのカレーには「ジンブ」と言うスパイス(?)が入っていて、
それがとってもチャナ・ダルを美味しく引き立たせていたので、
それも欲しかったのですが、マイナーなスパイスなのか残念ながらありませんでした。

ない、と分かるとなぜかすっごく欲しくなるもの。(笑)
じゃあ、ネットで買っちまおう!と
家に帰って、ネットでも探してみたのですが、
何しろ「ジンブ」はネパール語、検索するも全然ヒットしません。
しかも日本語でも英語でも何て言うのか分からない、ときた。
・・・もうお手上げです。

そんなスパイスくらいネパールの家族に送ってもらえばいいじゃん!ってお思いでしょうが、
ネパールのビンボー庶民は、「郵便」や「配送」なんて制度とはまったく無縁な生活をしているのですよ。
しいて利用していることと言えば「配達」(お米とかの)くらいでしょうか。(笑)
そんなレベルな彼らには、とても頼めません。

でも、やっぱり欲しものは欲しいッ!
最後の手段として、旦那は今日「ネパ友に頼んで分けてもらう。」と言っていました。
ネパール人にしては珍しく(?)誰かに頼みごとをするのが苦手な旦那、
その一言が果たして言えるのかどうか・・・。(笑)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。