スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや来た!借金依頼

えぇ、タイトル通りですわ。

ここからは少々クチ(表現)が悪くなりますので、
そんなの見たくないわ!って方は、どうぞここでお引取りくださいませ。

(※参考までに、これに関する関連記事はこちらこちらです。)



--------------------


・・・では


もぉー、いい加減にしてよー!

正直「お前もか!」とガッカリです。
あ、その「お前」とは、普段から付き合いのあるネパ友のことです。
普段お付き合いのあるネパ友たちは、
今までそーゆう貸し借りがないところが良いところだったのに、
まぁ、旦那以外の他の人たち同士では「あった」のかもしれませんが、
それが今回は旦那のところにまで回ってきたのです。


結論的には、結局旦那のお小遣いから出せる範囲である
1万円を貸すことになったのですが、
え?1万?たったの1万?って思ったでしょ。
これでも旦那が必死に頑張って、2万を1万に値切ったんですよ。
・・・って、そんな話じゃなくってー。(笑)

その理由がまたくだらないんですってば!
もぉー、聞いてくださいよー。

そのネパ友、昨年、旦那と同じ時期に、
旦那よりも1ヶ月ほど長めに3ヶ月ほどネパールに里帰りをしたんです。
で、ネパールに有り金を全部持って帰ったんですって。
ネパールに発つ前日まで働いていたぶんの給料さえも前借りという形にして、
ぜーんぶ。
まぁね、彼は出稼ぎ組だから、それは分からんでもない。
で、で、その有り金をぜーんぶネパールに置いてきたんですって。
自分の財布に1万円だけ残して。

はぁ?バッカじゃないの???

たった1万円だけ持ってこの日本に戻ってきたわけ?
で、何とか次の給料日までやり過ごす、と。

てか、ここ「日本」だぜ?
家賃に水道光熱費、そこにいるだけでいくらかかると思ってんの?
ここはただ生きてるだけでたーくさんお金のかかる国なんだよ。
まさか飲まず食わずってワケにもいかないでしょうに。
アンタ、何年この日本に住んでるのさ。
そんなこと、ちょーっと考えれば分かるだろぉーーーがッ!
(「ろぉ」の部分は巻き舌でお願いします(笑))

旦那も困って他のネパ友に相談してみたら、
もうすでにいろんなネパ友からもちょこちょこ借りているらしいってことが発覚。
やっぱねー。
実は昨年は何だかんだとみんな同じような時期に里帰りを果たしており
お財布事情が厳しいのはみんな一緒で、我が家も然り、なのだ。
それでも旦那に泣きついてきたのは、彼にとってもすでに最終手段だったよう。

事情は良く分かる。
「ない」ものはないし、でも「ない」では暮らしていけない。
あまりにも身近なだけにそのまま放ってもおけない、ときた。

「もういいよ、貸してあげなよ。」と私。


もぉー!いい歳こいた大人なのに、情けなーーーい。


--------------------



はぁ~、ここで吐き出せてスッキリしたー♪(笑)
スポンサーサイト

ネパールのゴミ事情

これ(↓)、我が家のすぐ裏手(北側)。
我が家の裏手
現在は空き地になっており、草がボーボー生え放題。
毎日、近所の子供と野良犬が駆け回って遊んでおります。

将来、ここに家が建つとなった場合には
我が家のすぐ後ろはタウン・プランニングとやらで定められた広さの路地が作られ、
その向こう(北側)が宅地になる、のだとか。


そんな我が家の裏手の写真、もう一度よーく見てみてください。
雑草が茂る中にポツポツと見える白いモノは、なんとゴミ。
残念ながら、こんなのはよく見かけるごく当たり前な風景。
ネパールは、てか、カトマンドゥは、ホント汚いです。(泣)

写真右下の我が家の真下にゴミがないのは、
我が家ではゴミをゴミ回収業者さんにお金を払って回収に来てもらっているから。
同じ並びの隣りの2軒のお宅は、回収代をケチって、なのか、
はたまたゴミ回収の必要性を感じていないのか、
こーやって窓からゴミを空き地にポイポイ捨てています。
中には路地でゴミを燃やしているお宅もあったり。
これも、結構ここでは普通なこと。

実はここに引っ越す前のネパールの我が家もそうでした。
当時住んでいたタメル付近のアパートの裏側は4軒の家に囲まれた空き地で、
4軒のどの家にとっても「裏」に当たる場所でした。
その空き地は誰の土地なのかは分かりませんが、
何にも使われておらず、誰も通ることがなく(立ち入らない)、
どの家にとっても表からは見えない「裏」だということから、
いつからかゴミ捨て場と化していました。

これがまたゴミだけではなく、家庭から出る汚水までも
(古いネパール家屋には各部屋に排水の管などが通っておらず、
洗い物などで使用した汚水を桶などにためて、あとでまとめて捨てます。)
窓からザバーっと捨てちゃうんです。

しかも、家は4軒だけですが、住んでいるのは1軒につき数家族はいるわけで、
我が家があった小さなアパートでさえ4家族が住んでいたので、
単純に計算しても十数家族分のゴミと汚水が毎日毎日その空き地に集まるわけです。
もちろん、ネパールの我が家族もその一員。

深ーい緑色に濁った汚水の沼(←その空き地)には、生ゴミをはじめ、
ビニール袋やペットボトル、さらには粗大ゴミなどが浮いてたりするわけですよ。
もう、夏なんて汚臭が漂ってホント最悪です。

今となっては、ネパールの一部を知った良い思い出(勉強?)ですが、
このままあのアパートにお嫁に行くことになったら、と思うと・・・。(怖)
ひぃぃぃー!マジ無理、マジ無理!


・・・と、
そんなネパール人家族が自ら進んでゴミを回収業者に託しているなんて
私だけでなく、旦那でさえもオドロキ☆でした。
とともに、日本人の私としては、ちと安心。
窓からゴミをポイッとか、汚水をザバーッ!なんて、
いくらアマ(=お母さん)の命令だとしても、私にはできませんもの。

そのおかげで、今までのネパールの我が家には決してなかった
「ゴミ箱」というものが設置されておりました。
が、さすがにまだゴミ箱と一緒に同室で暮らす習慣はないらしく、
テラスの片隅と、玄関のドアの外、の2箇所だけでしたけどね。(笑)

ネパールの”あり得ない”住宅

ネパールの我が家は、これまたラッキーなことに南向き。
真南に向いてます。
ちょうど我が家の南側にあるお向かいさんも我が家と同じ階数の高さで、
お向かいさんの右隣は平屋の洋服工場(?)になっているので
今のところ日当たりは良好~♪
ありがたいです。


ところで、下の写真は我が家の屋上から見た北側。
我が家の裏手である北側は、現在空き地で、
その向こうは学校になっているのであまり密集感が感じられません。
ありえない家
・・・ん?
ちょっと、ちょっとー、これはあり得ないでしょ。


な、な、なんと!この(↓)お宅、南側がすべて壁ですぞ!
あり得ない住宅
マジ、あり得ーーーん!
てか、もったいなーい!
てか、てか、何でー???

これはこのお宅のしきたり・習慣でしょうか?
はたまた、お抱えの占い師にでも助言されたのでしょうか?
まさか陽に当たりたくない、ドラキュラ一家???
って、んなワケないか。

これからの時期、ただでも冷えるであろうコンクリート造りのおこの宅。
お天道様の日差しなしではさそやお寒いでしょうに・・・。


ホント、こんなにも立派なお宅なのに、もったいなーい!

ダサイン ティカの日

久々にネパールに里帰り中の旦那に電話をしてみました。

ちょうど今日はダサインのメインの「ティカの日」だったらしく、
しかも、ちょうどその直前のティカ待ちの状態だったとのこと。

私  「ごめん、忙しいときに電話しちゃったね。一回、電話切ろうか?」
旦那 「いいよ、まだ時間ちょっとあるから。」
私  「ご飯食べた?」(←おめぇはネパール人か!(笑))
旦那 「まだ、ティカ終わったらみんなで食べるから。
    今、作りながら時間待ってる。」
私  「そっか。もうお昼近いし、お腹空いたんじゃない?」
旦那 「空いてないよ。作りながらちょこちょこ食べてるから。」

って、食ってるんかーーーーいッ!(笑)

ダサインのティカには開始時間が決まっていて、その時間は毎年違うんです。
旦那の話によると今年は午前11時29分だったか、39分だったか、
まぁ、そんなくらいの時間だったそうです。(笑)
と、そんな細かい時間まで指定されているんです。
いつもは大ざっぱな(に、見える?)ネパリたちですが、
こーゆうのはしっかりチェックしていて時間厳守なんですね。

この「時間厳守」、やればできるんならば、
是非とも他のところでも発揮してもらいものです。(懇願)
そしたらきっと、国全体がもっと発展するのにぃ~。


ネパールではこのままダラダラとダサイン気分を引きずりつつ、
そのまま次の光のお祭り「ティハール」になだれ込む、というのが常。
・・・羨ましいわいッ!

ネパリたちからの恐怖の電話

ネパール里帰りももう間近に迫ってきました。(汗)

買い物や準備するものはずいぶん前に終えているので、
前日、または当日までコレといってすることもないのですが
何となーく気だけが焦ってきました。(笑)

そんな焦る気を紛らわせるべく、昨日、天気が良かったので(?)
ようやく重い腰を上げて物置の奥の奥からスーツケースを引っ張り出し、
簡単に拭き掃除と陰干しをしました。
これでホントにやることがなくなってしまった・・・。


そんなネパール里帰りが差し迫った時期になると、
毎回私たち夫婦を悩ませることがあるんです。
それが今回のタイトルにもした、ネパリたちからの恐怖の電話。
もう、旦那のケータイにネパリからの着信があるたびにドキドキです。

先日も、とあるネパ友から電話かかってきました。
内容はだいたいこんな(↓)感じ。
「去年、ネパールに帰ったときに、
 甥っ子に頼まれていたナイキの靴を買って帰るのを忘れたんだよねー。
 おかげで甥っ子にものすごく怒られちゃってさー。
 アナタ、もうすぐネパールに帰るんでしょ?
 買って渡すから、ネパールの甥っ子に届けてくれないかなー。」
 
・・・ですって。
 
甥っ子っていうから子供かと思ったら、立派な成人だと。
そーやって簡単にゆーけどさー、大人の靴って相当デカイよ。
私たち2人分のスーツケースの容量も限られてるワケよ。
ウチらだって、久々の里帰りで持って帰りたいものがいっぱいあるし、
かといって手荷物満載にしてまで、大変な思いもしたくない。
ゴメン・・・却下。


はい、次。
「ネパールの家族に仕送りをしたいんだけど、
 銀行から送ると手数料が高くてもったいないんだよねー。
 アナタ、もうすぐネパールに帰るんでしょ?
 今度お金渡すから、ネパールの家族に渡してくれないかなー。」

・・・ですって。

え?現金???
仕送りっていうくらいだから、1000円、2000円の話ではないよね?
そんな高額な他人の現金なんて、怖くて預かれんわー!
ゴメン、それも却下。


極めつけは、これ(↓)。
そんな中、今回は
私たちの知るネパリの中で最も厄介なヒトからの電話がないことにホッとしていたら
来ました、来ました・・・今回はメールでした。(苦笑)

「ウチの息子の嫁のiPadが壊れちゃったんだよねー。
 もうすぐネパールに帰ってくるんでしょ?
 あとでお金払うからさー、買って持ってきてよ。」


はぁ?(ウチらにとっては)めっちゃ高額商品だし。
あ、これはもちろんネパールのボスからの依頼です。(笑)
てか、ホントにお嫁さんの頼みかどうかも怪しい。
てか、てか、こんなお金のかかるお祭りシーズンに
お金にルーズなボスからすんなりお金が返ってくるとはとても思えない。
てか、てか、てか、iPodなんてネパールでホントに必要なワケ???
そんなことは、某先進国にいる自分の娘に頼まんかーーーい!
はぁ~、中流家庭のこのくだらない「物欲」にはホント困るわ。
もちろん、これも却下。
旦那の調べによると、この辺じゃiPod本体のみは買えない(?)みたいだし。



もう、この時期のネパリからの連絡はこんなのばーっかり。
そりゃあ、スーツケースの空きにも、お金にも余裕があれば
もちろん快く引き受けたいところ。
でも、こうも当たり前のように一方的に物を頼むってのは、どうしたものか。
こんなとき、私はいつもバッサリ「却下」の指令を下しちゃうけれど、
実際に断わる役目をしなければならない旦那は、毎回ホントに気が重そう。
・・・かわいそうに。

ネパリたちよ、私たちを気持ちよーくネパールに送ってくれー!(←懇願)
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。