スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナヌー、ありがとう

(このお話はこちらの続きです)


テンション高すぎで疲れ果ててしまったのか、
私たちが眠るころにはグッスリ眠っていたように見えたナヌー。
これまでと同じように私のベッドで一緒に添い寝したのですが、
朝になってもそのまんまで、何だか元気がありません。
旦那が朝イチで病院に送り届けたときにはちょっと元気だったそうで、
先生と「このまま調子が良かったら、毎週末外泊しても良いかもね~。」
なんて会話もあったそうです。

が、お昼過ぎに突然、仕事中の私のケータイに病院から電話がありました。
ナヌーが入院して以来、私か旦那が病院に面会に行けない日は
その日の様子を聞くために毎日しつこく電話をしていましたが、
病院から電話があったのはこれが初めて。
内容は「今、とてもグッタリした状態で、危険な状態かもしれない・・・。」のだと。
すぐにでも様子を見に行きたいところなのですが、
日曜日の午後は休診なので、会えるのは翌日の月曜日。
なので私が月曜日の出勤前、朝イチで面会に行くことを告げ、電話を切りました。

・・・が、残念ながらそれは叶いませんでした。
夜、病院からの連絡で駆けつけたときには
ナヌーはICUから出され、点滴も外されて、それはそれは安らかな顔で眠っていました。
まだ体は柔らかくて、撫でたら起きてきそうなほど。
でも、ナヌーは再び起きることはありませんでした。

ナヌーを乗せた帰りの車の中は、変な脱力感から終始無言でしたが
家に着くなり一転、ひたすらオイオイ泣きました。
こんなに声を出して泣いたのは、もう何年ぶりのことでしょうか。

他の猫たちの反応はというと
この状況を理解しているのか、していないのか分かりませんが、
やっぱりちょっと薄かったかな。
みんな、そぉ~っと遠巻きに見て、クンクンしては立ち去るという感じ。

その晩は、ナヌーとの別れを惜しみつつ、みんな一緒に同じ部屋で過ごして、
翌日は私も旦那も会社を急きょお休みして、
我が家の昔からの慣例に従い、裏庭に大切に埋葬しました。
ちょうど母屋のキッチンから見えるので、ここならナヌーも寂しくないかな。

そのあと、旦那はわざわざ切り花を買ってきてナヌーのお墓に供え、
今のところ毎朝晩、線香を焚いて手を合わせています。
お墓を持つ習慣はもちろん、概念さえもないネパール人の旦那ですが、
いつの間にか日本の習慣をしっかり身に付けております。(笑)

ここまでされちゃあ、ナヌーも天国に行かないわけにはいかないよね。
よかったね、ナヌー。
そして、ありがとう、ナヌー。









+ Read More

スポンサーサイト

ナヌー、永遠の眠りにつく

ずっと闘病中だった我が家の仔猫三姉妹の三女:ナヌー、
すっごくすっごく頑張ってくれたのですが・・・残念ながらダメでした。

ちょうど東日本大震災から1年経った3月11日の夜、
ナヌーは入院中だった動物病院のICUの中で静かに息を引き取りました。

診療時間終了後、度々様子を見に来てくださっていた院長の奥様が
ナヌーの異変に気付いてくださり、すぐさま連絡をくださったのが夜の11時ごろ。
もうそのときには息をしていなかったそうです。

日曜日といえば、旦那が唯一自由にお出かけする日でいつも帰りが遅いのですが、
その日に限って旦那の帰りが早く、翌日の仕事に備えて寝ようとしていたところでした。
旦那と2人してすぐに病院に駆けつけたのですが、
もうその道中はずっと涙が溢れて止まりませんでした。


これまでのナヌーにはいろんなことがあり過ぎて・・・

そもそも入院することになったのは
強制給餌(針のない注射器などで口から食事を強制的に与えること)ができなくなったから。
それまでは嫌がりながらも口に栄養食(粉末を水で溶かしペースト状にしたもの)を入れれば、
その反動で口と舌を動かしてムニャムニャ食べていたのですが、
そのムニャムニャまでもをしなくなってしまったのです。
ただでも嫌がったり、与えた栄養食を吐いたり、と少量しか食べていなかったのに
それさえもできなくなったとなれば、これ以上自宅で看るのは不可能。
旦那と2人して午前中会社を休み、翌日朝イチで病院へ。
そのまま入院です。

それからはICUに入り、栄養剤の注射や点滴の毎日。
ちょっと落ち着いて調子が良ければ、血液検査やレントゲン検査。
そんな中、バリウムを飲ませてのレントゲン検査にて、
食道から胃に入るところで食べた物が上手いこと胃に流れ込まずに溜まっていて
食道が大きく広がっていることが判明。
とりあえず、食べた物をすぐに吐いたり、食べなくなってしまったのは、
このせいではないか?と。
栄養食は胃に流れやすいように薄めにして、
さらに与えるときはしばらく立たせた状態にして流れをよくすると良いとのこと。

これが幸いしたのか、一進一退ながらも良くなった感じでした。
本当にナヌーの病状の一進一退に、私たちも一喜一憂の毎日。
亡くなる一週間前くらいからは、
相変わらず少量ですが強制給餌でのムニャムニャもするようになってきたし、
アーンアーンとないたり、前足を足踏みさせながらモミモミしたり、
猫じゃらしに反応したりと、久しぶりに猫らしい仕草が戻ってきたりもして、
先生に「このコ、やっとやる気が出てきたねぇ~。」なんて褒められるまでにも・・・。

これなら一晩くらいおウチに帰ってもいいカモ、と
たった1泊、一晩だけの外泊ができたのが亡くなる前日、10日の土曜日でした。
夕方、旦那が残業を断わって会社の帰りに病院にお迎えに行き、
翌日の朝イチの9時ごろには病院に送り届けるというプランでした。

約2週間ぶりに我が家に戻ったナヌーは驚くほどに終始テンションが高く、
部屋の中をしっかりした足取りでウロウロ歩き回ったり、あちこち噛んでイタズラしたり、
栄養食なんて自ら注射器に向かって「ちょうだい、ちょうだい。」状態で、
病院で用意してくれた量では足りないくらいな食欲旺盛っぷりを見せたり、と
最高に元気な状態で私たちを喜ばせてくれました。

・・・でも、
元気なナヌーを見たのはこれが最後でした。




ちょっと長くなってしまったので、次回に続きます。

ナヌー、入院中

いろいろありまして、現在ナヌーは入院中です。

今朝、面会(お見舞い)に行ったら
ちょうど今朝からICU(酸素室)から一般病棟(?)に移ったところで、
獣医さんが付き添う中、一般病棟の床を自由に散歩させてくれておりました。
スタッフの皆さんにもとっても可愛がっていただいているようで、
本当にありがたいです。

ナヌー
そんな一般病棟内をお散歩中のひとコマ。

お家では暖房が大好きで、
石油ファンヒーターのスイッチをオンにすると同時にまん前を陣取るナヌー。
ここ(病院)でも、入院中のワンちゃんにあてられているヒーターの前に行きたがり、
ヒーターの前に座ったとたんにワンちゃんにすごい剣幕で吠えられたナヌー。
社会に出て(?)いろいろ経験を積んだせいか、はたまた体力が落ちて弱っているせいか、
ビクともしませんでした。(笑)
・・・こっち(私)のほうがビックリして尻もちをついたわいッ!

さっそくこの写真を旦那にメールして、さらに電話。
あまりのナヌーの可愛さに、夫婦揃って電話口で泣き笑い、でした。(笑)
親バカ・・・ん?バカ親?でスミマセン。

頑張れ!ナヌー。

ナヌー、痩せました

すっかりナヌー中心の毎日を送っております。
我が家の仔猫3姉妹の三女:ナヌー、一向に良くなりません。
今月の1日以来、相変わらずご飯は食べないし、
前回の記事で唯一喜んでいたお水も、飲んだのはたった3日だけ。
それ以降は飲まず食わず、です。

そのまま放っておくわけにはいかないので
病院でもらったパウダー状の栄養食を少量の水で溶いて注射器(針ナシ)を使って食べさせ、
同じく注射器でお水を飲ませています。

おかげで、すっかり痩せてしまったナヌー。
撫でれば背骨がゴツゴツ当たるし、抱けばあばら骨の本数が数えられるほど。
・・・泣けます。(泣)
ナヌー
今の救いは、体力不足のためしっかりした足取りではないけれど
たびたびベッドから出ては部屋の中を何週かヨタヨタと徘徊してくれること。

はぁ~、どうしたものか、ナヌー。

ナヌー、新たなる通院

でも、そこからはずっと平行線。

自分でお水は飲むけれど、相変わらずご飯は食べません。
ペースト状にした栄養食を注射器で与えるのは、超大変!
口は開かないわ、首を振ったり、手足を動かして暴れるわ、で
ナヌーの口周りも、こっちの手も、床も栄養食でベトベト。
ただでも少ない与える予定の量の7割くらいしか食べさせられません。
はぁ~、どうしたものか。(困)

そんなこんなで5日6日とやり過ごし、
ようやく7日の一昨日、2度目の診察に連れて行きました。
もちろん、今度は私が。

同じ会社の猫好きの先輩が紹介してくれた病院は隣の市にあり、
我が家からは車で45分くらい走ったところにあります。
住宅街にひっそりと建つその小さな動物病院には
駐車場は7台ほど用意されているのですが、常に5台は停まっているところを見ると
なかなか人気の病院なようです。

中に入ってみると、
ウチのかかりつけの病院とはあまりにも真逆な感じで、ちとビックリ。

ウチのかかりつけの病院は、入ってすぐの受付兼待合室には
動物のワクチンや病気を紹介するポスターは貼ってあるものの、
それ以外は病院だということを感じさせない感じ。
2つの診察室はそれぞれ個室になっていて、プライバシーがしっかり守られています。
まぁ、多少声は漏れてきたりもしますが。
注射などの治療行為はその都度診察室の奥の扉の向こう側に連れて行って行うので
飼い主が直接見ることはありません。
頼めば見せてもらえるかもしれませんが。

が、この病院は・・・全部が丸見え、丸見せ。(笑)
受付兼待合室の受付の向こうの壁は、処方される薬の薬棚になっており、
お薬を作る様子が丸見え、丸見せ。
同じく2つある診察室の扉はどちらも窓ガラスで中が見えるようになっているどころか、
扉自体が常に全開、開けっ放し。
隣り合った診察室に通じる扉も開けっぱなし。
診察も治療も全部同じ場所でするので、他の方の治療の様子はもちろんのこと、
話の内容もすべて丸聞こえです。
そこをさらに先生や他のスタッフさんが、右往左往と部屋を横切って行きます。

もっと驚いたのは一番奥の手術室の扉までもが開けっ放だったこと。
しかもまさに使用中の、ですよ。
麻酔をかけられ横たわる猫ちゃんが縫合を受けている姿を、
遠目ではありますがマジマジ見てしまいました。(汗)

・・・と、プライバシーはまるで守られていないのですが、
不思議なことに、全然悪い気はしなかったんですよね~。
てか、むしろ好感が持てたほど。
先生やスタッフさんもとってもフレンドリーで病院自体がアットホームな感じ。
そんな診療・治療風景がすべて見られてその対応の良さも十分実感できるし、
なにより術後の猫ちゃんの後処理をしていたスタッフさんが
麻酔のまだ解けていない猫ちゃんの体や頭を何回も丁寧に撫でている姿を見たら、
飼い主としてはやっぱり大切に扱ってくれているんだな、と安心しますもの。
これも大いにアリだなと、かなり目からウロコでした。

もひとつ個人的に好感が持てたことは、
この先生が実際に今現在猫ちゃんの飼い主である、ということ。
(ウチのかかりつけの先生は大型犬1頭を飼っているみたいですが、
基本的には熱帯魚に夢中らしいです。(笑))
そして、その先生のお宅の猫ちゃんもこんな慢性鼻炎なんですって。
食欲が落ちたときには、その猫ちゃんの大好物であるカニカマで乗り切った、とか。(笑)
ちなみに先輩のお宅の猫ちゃんも1匹だけ慢性鼻炎で、
1年中鼻がジュルジュルなってるけど、元気モリモリでした。

そんなこんなで、我が家の他の猫たちのことはともかく、
今回のこのナヌーの件についてはこちらの先生にすべてお任せして
遠方ではありますが頑張って通おうと思います。


頑張れ!ナヌー。
プロフィール

ま~る

Author:ま~る
現在、ネパール(強制?)移住を目指しつつ、愛知県の片田舎にて楽しく出稼ぎ生活中。

私のこと、ネパリの旦那のこと、5匹の愛猫のこと、ネパールのこと・・・などなど、日々の生活をダラダラと綴って(垂れ流して?)おります。


旧ブログ「ネパリの嫁のヒトリゴト」はこちら、もっと過去の日記「アホ日記」はこちらです。
この「アホ日記」の中のネパール長期滞在日記には、ネパールでの婚姻手続きの様子が毎日(2003.8.4~2003.9.12参照)リアルに記録してあります。
ちなみにネパールでの婚姻手続きの書類などはこちらにあります。
ネパール人(カトマンドゥ出身)とネパール(カトマンドゥ限定)での婚姻を考えられている方、情報はかなり古いですがどうぞ参考にしてみてください。


※「拍手」機能を設けてみました。
記事に関するコメントが記事最後尾にある拍手マークから入れることができます。(←文字制限あり)いただいたコメントへの返信はできませんが、入れていただけると励みになります。(笑)
コメントはすべて非公開です。
(2010.4.22)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。